ホーム | ブラジル国内ニュース | フェイスブック=親ボウソナロ頁を大量削除=悪意ある偽ニュースの温床?!=「いいね」ネイマールの4倍

フェイスブック=親ボウソナロ頁を大量削除=悪意ある偽ニュースの温床?!=「いいね」ネイマールの4倍

フェイスブックがつながらないイメージ(Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)

フェイスブックがつながらないイメージ(Rafael Neddermeyer/Fotos Públicas)

 フェイスブック社は22日、大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)を支持する68のページと43のアカウントの削除を行なった。これらは同一のグループが運営しているもので、大量の偽造名義を使って政治に関する意図的な情報を行き渡らせ、さらにスパム(無差別かつ大量にばらまくメールなど)も流していたという。23日付エスタード紙が報じている。

 これらのページは、ラポーザ・フェルナンデス・アソシアードス(RFA)という団体が運営していたもの。運営責任者は弁護士のエルナーニ・フェルナンデス・バルボーザ・ネット氏とタイース・ラポーゾ・ド・アマラル・シャーヴェス氏の2人だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ