ホーム | 文芸 | 連載小説 | 私のシベリア抑留記=谷口 範之 | 自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)

自分史=私のシベリア抑留記=谷口 範之=(66)

 福岡県の炭鉱で働いていたことなど問わず語りに分かり、だが何故降格されたのか、佐世保で別れるまで打ち明けなかった。
 復員後二年近く文通し、以前の炭鉱で働いていると小まめに身辺を知らせてくれていたが、いつしか文通は絶えた。私にとって彼は実に不思議な人物で、いまだに忘れ得ない。

  二一、共産主義教育を受ける 

 明日からソビエト同盟連邦共和国憲法及び産業等について講義を始める。各班から受講者を一名づつ参加させるよう班長に伝達する=
 回覧板が回ってきた。
 東さんも保坂さんも、私に行けよという。返事をしぶっていると、他の連中も行ってこいよ、と同調する。部屋に寝そべって飽きもせず帰国と食物の話ばかりするよりは、変わった空気に当たるのは良いかもしれない。そう考えて受講することにした。暇つぶしになるだろう。それと共産主義やソ連という国の内情は、どんなのだろうかという好奇心もあった。
 講師はソ連将校。中尉の肩章をつけている。流暢な日本語である。
 ソ連憲法の解説から始まった。そしてソビエト国民はこの憲法に護られて、揺りかごから墓場まで幸福なバラ色の人生を送ることができる。世界は遠からず共産主義社会に変貌するであろう、と初日の講義は終わった。
 講師の中尉は、帰ろうとして立ち上がった私たちに、
「班員に講義の内容をかならず伝えてください」
 といって、教室から出て行った。記憶に残ったのは、全ての人民は働かねばならず、働かざるものは喰うべからず、という第×条かの憲法だけであった。班に帰った私は講義の内容を班員に伝えなかった。班員は誰一人講義のことには無関心で訊ねようとはしなかった。
 二日目はソ連国内の各産業の発展状況が講義内容であった。
  船舶は前年比××%増産
  自動車は前年比××%増産
  ×××は前年比××%増産
 こんな調子であった。減産になったものは全くなく発展、増産の素晴らしい%の羅列だけである。日用品に移り、鉛筆やノートの増産になった。私は手を挙げて質問した。
「鉛筆もノートも、前年比××%の増産をしたことは分かりました。私が知りたいのは、一昨年鉛筆は×××本生産したが、昨年は×××本生産した。そして、ソ連人民一人当たりの消費量は一年間で××本であるというような具体的な数字を知りたいのです」
 講師の中尉は
「その質問の理由は?」
 と、だけいった。
「私たちは栄養失調症で心身ともに衰えています。折角の講義も記憶力の減退で、班員に充分に伝えることができません。講義をノートにとれば、班員にしっかり伝えることができると考えたからです。鉛筆もノートも増産につぐ増産という講義でしたから、我々に鉛筆とノートを支給して頂ければと思います」
 彼は一寸の間私を見詰めたあと、答えないで教室を出た。室内は騒然となった。
「いい質問だった」
「つまらんことをいったな。反ソ連的人物にされて、シベリアに逆戻りだぞ」
 わいわい騒いでいると、中尉は上級将校を伴って来た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される2019年1月15日 リオ=女性州議の自動車に銃弾4発=昨年末に暗殺を予告される  13日午前、リオ州議で元リオ州市警司令官のマルタ・ロシャ氏(民主労働党・PDT)を乗せた自動車が4発の銃撃を浴びる事件が起きた。防弾車だったこともあり、死者は出なかったが、殺害未遂が疑われている。14日付現地紙が報じている。  この銃撃で、マルタ氏の運転手のジェオニジオ・メ […]
  • 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け2018年10月10日 《サンパウロ市》4人の少年が銃撃戦死?=自動車泥棒後に追跡受け  6日、サンパウロ市で10代の少年4人が軍警と銃撃戦を行い、死亡したとされる事件が起きたが、目撃者らは、少年たちは投降したのに銃殺されたと証言していると9日付現地紙が報じている。  事件発生は6日午後7時40分頃、サンパウロ市西部のジャグアレー区で、警官が盗難届の出ていた黒の […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇2019年1月31日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇  【岩手県山田町発】2011年3月11日に発生し、東北に大きな傷跡を残した東日本大震災。震災発生から2か月後に本紙記者が、ブラジル岩手県人会の賛助会員が住む岩手県山田町を訪れ、その惨劇を報じた。それから約8年――昨年12月に再び山田町に足を運び、人々の生活や町の変化を取 […]
  • トヨタ自動車=FX対応HV車、生産開始へ=19年末に世界初、独自開発2018年12月19日 トヨタ自動車=FX対応HV車、生産開始へ=19年末に世界初、独自開発  ブラジル・トヨタは13日、フレックス対応型ハイブリッド車を、19年末以降に現地生産を開始すると発表した。オ・エスタード紙が14日付けで報じている。  当地で販売される輸入車プリウスには、通常のハイブリッド技術が搭載されているが、ガソリンの代わりにエタノールを燃料とし […]