ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》鉤十字事件=警察は「自作自演」と判断=ボルソナロ支持者による襲撃ではなく

《ブラジル》鉤十字事件=警察は「自作自演」と判断=ボルソナロ支持者による襲撃ではなく

 【既報関連】8日にリオ・グランデ・ド・スウ州ポルト・アレグレ市で起きた、19歳の女性が大統領候補ジャイール・ボルソナロ氏の支持者3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字型の傷をつけられたと訴えた件で、捜査の結果、警察はその女性の自作自演と判断、偽証罪で起訴する意向だ。25日付現地紙が報じている。
 この件は、同性愛者支援を示すLGBTのシールをカバンに貼り、反ボルソナロ運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていた女性が、バスから降りて帰宅する途中、3人のボルソナロ支持者に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた、と訴えていたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月11日 東西南北  7日の大統領選一次投票後、ジャイール・ボルソナロ氏の支持者による暴力犯罪が多発している。9日付本面では、バイア州でハダジ氏支持のカポエラ師がボルソナロ支持者に刺殺されたことを伝えたが、8日にはリオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレで、ボルソナロ氏に反対する女性の運動「エレ […]
  • 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に2018年10月9日 《ブラジル》バイア州=大統領選をめぐり刺殺事件=ハダジ支持のカポエラ師犠牲に  バイア州で8日午前3時頃、大統領選に関して口論となったカポエラ師が、相手にナイフで刺されて殺される事件が起きた。8日付現地サイトが報じている。  殺されたのは「モア・ド・カテンデー」の名で知られるロムアウド・ロザーリオ・ダ・コスタ氏(63、以下、カテンデー)で、現場は、バイ […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領の元弁護士を収賄で起訴=エスケーマS作戦の疑惑で2020年9月26日 《ブラジル》ボルソナロ大統領の元弁護士を収賄で起訴=エスケーマS作戦の疑惑で  ボルソナロ家の元担当弁護士、フレデリック・ワセフ氏が25日、リオ州検察局から横領や資金洗浄の疑いで告発を受けた。25日付現地紙が報じている。  これは、9日に行われたラヴァ・ジャット作戦の中の「エスケーマS作戦」に伴うもの。リオ州商業連盟(フェコメルシオ)が弁護士事 […]
  • 東西南北2020年9月18日 東西南北  投票日まで2カ月を切り、そろそろ、サンパウロ市市長選のことが気になりはじめる頃だ。フォーリャ紙によると、現職のブルーノ・コーヴァス市長は、最大のライバルになると目されているセウソ・ルッソマノ氏に関して、ボルソナロ大統領に支持してもらった方がむしろ助かると考えているという。それ […]
  • 《ブラジル》大統領元弁護士に疑惑噴出=食品大手から900万レ受取り=ケイロス氏入院費肩代わりも2020年8月27日 《ブラジル》大統領元弁護士に疑惑噴出=食品大手から900万レ受取り=ケイロス氏入院費肩代わりも  ボルソナロ大統領一家の弁護士を務めていたフレデリック・ワセフ氏が、食品大手JBSから大金を受け取った疑惑や、別宅にかくまっていたファブリシオ・ケイロス氏の入院費を支払っていた疑惑、企業からの不審な入金が発覚し、注目を浴びている。25~27日付現地紙サイトが報じている。 […]