ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》鉤十字事件=警察は「自作自演」と判断=ボウソナロ支持者による襲撃ではなく

《ブラジル》鉤十字事件=警察は「自作自演」と判断=ボウソナロ支持者による襲撃ではなく

 【既報関連】8日にリオ・グランデ・ド・スウ州ポルト・アレグレ市で起きた、19歳の女性が大統領候補ジャイール・ボウソナロ氏の支持者3人に襲われ、腹部にナチスの鉤十字型の傷をつけられたと訴えた件で、捜査の結果、警察はその女性の自作自演と判断、偽証罪で起訴する意向だ。25日付現地紙が報じている。
 この件は、同性愛者支援を示すLGBTのシールをカバンに貼り、反ボウソナロ運動「エレ・ノン」のTシャツを着ていた女性が、バスから降りて帰宅する途中、3人のボウソナロ支持者に襲われ、腹部にナチスの鉤十字の傷を入れられた、と訴えていたものだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ