ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》洗車したら罰金!=水危機で十数市が給水制限強化

《サンパウロ州》洗車したら罰金!=水危機で十数市が給水制限強化

貯水量が極端に減り、ひび割れも起きているヴィニェド市の貯水池(17日フォーリャ紙の記事の一部)

 サンパウロ州内陸部のフランカ市が18日から、輪番制の給水制限を強化したと同州の水道公社(Sabesp)が発表したと18日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。
 フランカ市では9月のはじめから、市内全域を四つに分け、輪番制の給水制限を開始。3日給水後、1日断水が繰り返されていた。
 だが18日からは、市内を三つに分け、2日給水、1日断水に切り替える。断水後の給水再開は午後11時から時間をかけて行われる予定だ。

 サンパウロ州の水資源は水危機が騒がれた2014年や、大規模停電なども起きた2001年よりも深刻な状態で、自宅で車を洗ったり、歩道を洗ったりして水を無駄遣いすると罰金を科すという市が、イツー、オウリーニョス、ヴィニェド、バリーニョスなど、少なくとも十数市出ている。
 罰金額は最後に支払った水道料の半額というところから1千レアルを超えるところまで様々だ。これからは暑くなるので水の使用量が増える事は必至という意識は共通だ。少しでも水の供給確保を続けるために節水をと呼びかける声は、一刻一刻と低下していく貯水池の水位と反比例するように高まっている。

★2021年9月2日《ブラジル》電気代が平均6・78%再値上げ=91年間で最大の水危機で
★2021年8月14日《ブラジル》少雨による水危機が深刻化=水輪番供給や電力供給に不安=経済回復に水を差す危険も
★2021年6月4日《ブラジル》記録的な干ばつで水不足=電力危機やインフレ懸念も=2001年の悪夢再び?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(30)2017年7月28日 わが移民人生=おしどり米寿を迎えて=山城 勇=(30)  アメリカ陸軍史上空前の紫心部隊、勲章部隊、勲功部隊として二ユース映画になったことは申すまでもない。この「442部隊の実践記録」という本と、「第442部隊」の本2冊がその部隊に所属した兵士たち自身が書いているので機会があったら見てごらん、と云うことだった。第442二世部隊の異名 […]
  • 7年を経て今も残る悲しみに触れ2018年3月15日 7年を経て今も残る悲しみに触れ  11日のNHKのど自慢で、「今日は娘と孫の命日です」と言って歌った婦人がいた。11日で東日本大震災から丸7年経ち、自宅解体を決めた人や地元に戻りたくても戻れない人の事も番組で触れていた。なのに、この言葉を耳にした途端、思わず、目頭が熱くなった▼7年間、様々な苦労の連続だったは […]
  • 母の日商戦にかける商業界2010年5月8日 母の日商戦にかける商業界 ニッケイ新聞 2010年5月8日付け […]
  • 恒例行事を26日に=霊友会七夕&盆踊り2016年6月17日 恒例行事を26日に=霊友会七夕&盆踊り  ブラジル霊友会(岡本謙三会長)が26日午前10時より、同会館(Rua Vergueiro, 3507 – Vila […]
  • 外国人青年招致事業への参加者募集2003年1月10日 外国人青年招致事業への参加者募集 1月10日(金)  サンパウロ総領事館(赤阪清隆総領事)は、二〇〇三年度第十七期『語学指導等を行う外国人青年招致事業』(JETプログラム)への参加者を募集している。 […]