ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》妊婦、母親は自宅拘留に=最高裁、2審有罪でも権利認める

《ブラジル》妊婦、母親は自宅拘留に=最高裁、2審有罪でも権利認める

リカルド・レヴァンドフスキ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)

リカルド・レヴァンドフスキ判事(Carlos Humberto/SCO/STF)

 ブラジル最高裁(STF)第2小法廷は今年2月、「判決の出ていない、妊娠中か、12歳までの子供がいる女性拘留者(以下「母親拘留者」)に対し、自宅拘留を認める」との判決を出していたが、リカルド・レヴァンドフスキ最高裁判事は25日、「最終判決が下っていない全ての母親拘留者」にも自宅拘留を認めた。25・26日付現地紙・サイトが報じた。
 今回の決定で、自宅拘留の権利は、控訴、上告の手段がまだ残されている母親拘留者全員に認められることとなった。「2審で有罪判決を受けても、上告中、または上告権を有していれば、刑務所に入らず、取調べや裁判の場に自宅から通える」ということだ。
 レヴァンドフスキ判事は同時に、「薬物密売容疑」の母親にも自宅拘留の権利を認めた。2月の判決で除外された「暴力事件や子供にとって脅威となるような犯罪で起訴された場合」に、薬物密売が含まれると判断する判事が多数いたためだ。
 同判事は「小さな子供がいる、または妊娠中の収監者は社会において最も弱い立場にいる」とした上で、「黒人女性や貧しい女性の子供たちが、人生を歩み始めた最初の年から最も厳しい環境に置かれてきたことは想像に難くない。母親や妊婦を拘留することで、母親に育てられ、知的、社会的、情緒的に成長する権利を、幼い子供から奪ってはならない」と判決文に記した。
 同判事は、刑が確定した場合でも、妊婦であるか、幼子がいる女性は自宅禁錮刑とすることについて、議会で検討するようにとの指示も出した。
 全国刑務所管理局(Depen)は、この決定で1万4750人以上の女性拘留者が恩恵を受けると発表したが、何人が自宅に戻ったか、正確な数は判明していない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》干ばつの影響3800万人に=洪水や浸水の被害者は300万人2018年12月27日 《ブラジル》干ばつの影響3800万人に=洪水や浸水の被害者は300万人  国家水資源庁が19日に発表した年次報告「ブラジルの水資源の設定」によると、17年に干ばつの影響を受けた人は3800万人、水害被害者は200万人という。  同報告書によると、16年に降った雨は12兆9千億立方メートルで、内10兆2千億立方メートル分は蒸発したという。雨 […]
  • リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因2018年12月22日 リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因  リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機 […]
  • サンパウロ市公共交通=1月6日から0・25レ値上げ=接続利用時の割引は未定2018年12月27日 サンパウロ市公共交通=1月6日から0・25レ値上げ=接続利用時の割引は未定  サンパウロ市を走るバス、地下鉄、パウリスタ都電公社(CPTM)の運賃が、1月6日から、現行の4・00レアルから4・25レアルに値上げされる事が決まった。  公共交通機関の料金値上げの基準となるFipe(経済調査院)の今年のインフレ率は3・63%で、本来の新料金は4・ […]
  • リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る2018年12月21日 リオでミリシアの大摘発=約100件の逮捕令状出る  リオ市西部で暗躍する犯罪者らの民兵組織(ミリシア)摘発のため、リオ州市警と軍兵士が20日、約100人分の逮捕令状を執行したと同日付現地紙サイトが報じた。  「ヘラクレス」と題する作戦の対象は、ウエリントン・ダ・シウヴァ・ブラガ(通称エコ)が指揮し、リオ市西部からバイ […]
  • 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用2018年12月21日 《ブラジル》インターネット利用動向調査=10歳以上の国民の69%が利用  2017年のブラジルでは、1億2640万人がインターネットを利用していた事が判明した。この人数は、10歳以上の人口の69・8%を占めている。  これは、2016年の1億1610万人(10歳以上の人口の64・7%)と比較して、実数にして1030万人、比率にして5・1% […]