ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》人気司会者のアナ・マリア・ブラガが肺ガン 長寿番組期間中に3度目

《ブラジル》人気司会者のアナ・マリア・ブラガが肺ガン 長寿番組期間中に3度目

 グローボ局の朝の名物番組「マイス・ヴォセ」の司会者、アナ・マリア・ブラガ(70)が、27日の番組の最後に、自身が肺ガンの治療をはじめたことを告白した。

 アナは番組の最後に、過去に2度ガンを患って、支援を受けたことに触れ、「視聴者の皆さんには過去2度、大きな力をいただいた。ひとつは手術、もうひとつは放射能治療でなおった」と語った。

 アナは続けて「でも、今回また新しいガンが肺にできたの」と語った。さらに「残念なことに、今回新しく肺にできたガンは手術や放射能治療では利かないらしく、免疫治療を伴った化学治療になるの」と語った。

 アナによると、癌が見つかったのは今年のはじめで、1月24日から既に、新たなガンの治療をはじめているという。

 「次の治療がいつ始まるかは未定ですが、みなさんとは来月の2月7日まではお目にかかれるはずです」とアナは語った。それ以後は、休暇をとることになっている。

 「マイス・ヴォセ」は1999年にはじまり、今年で22年目を迎える。アナはその間、20001年に大腸ガンを罹患。このときは番組を3カ月間休止して、化学療法を受けた後、放射能療法を受けている。

 2015年には初期の肺ガンを罹患。このときは化学療法を行い、長い番組離脱は行わなかった。

 彼女はこの番組がはじまる以前の1991年にも皮膚ガンの経験がある。(27日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑2021年6月16日 《ブラジル》大統領がインド首相にクロロキンで電話=ワクチンとは対照的な迅速対応=CPIで深まった女隊長の疑惑  すでに「効用がない」との研究結果が出た後も、外務省がインドの企業3社にクロロキンを求めていたことや、連邦政府がファイザー製薬のワクチンの返事に2カ月かかっていたところが、クロロキンだと15分で返答を行っていたことなどが明らかになった。さらに、上院のコロナ禍の議会調査委 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低2021年6月15日 《ブラジル》コパ・アメリカが反発の中で開幕=デモ発生、視聴率過去最低  国民の大半がコロナ禍を理由に開催を反対する中、ブラジル開催のサッカーのコパ・アメリカが低調にはじまった。14日付現地紙などが報じている。  コロナ第3波が恐れられる中でのブラジルでのコパ・アメリカ開催に、国民は強い反発を示している。11日にXPインヴェスチメントスが […]
  • 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介2021年6月15日 《ブラジル》大統領府通信局が偽ニュースサイト支援?=運営者を大手メディア幹部に紹介  大統領府通信局(SECOM)元局長のファビオ・ワインガルテン氏が、フェイクニュース捜査の対象のブログ運営者に政府協力メディアの存在を明かし、同氏に有利に計らうことを約束した様子が音声データとともに報じられた。13、4日付現地紙が報じている。  これは13日付グローボ紙が独占 […]