ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》35万国民の死の責任は誰にあるのか?

《記者コラム》35万国民の死の責任は誰にあるのか?

世界人口の3%のブラジルに死者37%が集中

ブラジルのコロナ死者数/日(4月10日時点)

 世界的に見ると、ブラジルのコロナ禍は明らかに異常事態にある。
 BBCブラジル4月7日付(8日参照、https://www.terra.com.br/noticias/coronavirus/brasil-tem-em-1-dia-mais-mortes-por-covid-19-do-que-133-paises-em-1-ano-de-pandemia,6a08c6f9)は、6日(火)にブラジルがコロナ死者4195人を記録したことの意味を《ブラジルの人口は世界の2・7%なのに、その日のコロナ死者の37%が集中した》と報じた。
 8日(木)には2度目の4千人超を記録した。この意味は重い。なぜなら6日の数字は、「週末に未集計だった分がまとめて加算されて多めに出たもの」だが、8日の数字は「ほぼ平日1日の分」だからだ。

コロナ死者数の上位国(4月10日時点)

 1日の死者の世界最悪記録は、米国が1月12日に記録した4476人だ。あと240人増えればそれを越える。この週末の分が加算された13日にそれが起きるかもしれない。実際この11日(日)の死者数は、常に少な目の日曜日としては過去最悪の1824人を記録した。
 4月の最初の9日間だけで2万7千人が死んだ。一日3千人ペースだ。このまま行けば一カ月間で9万人が死ぬ。もしも更に増加すれば10万人もありえる。
 ちなみに10日時点の日本のコロナ死者累計はたった9325人。日本のまる1年間の死者数は、今のブラジルの3日間分に過ぎない。
 覚えているだろうか。昨年末時点では19万人だった。昨年3月から12月までの10カ月間の累計が19万だ。それが3月には1週間で1万人を越え、4月最初には10日間で3万人、4月全体では9万人になろうとしている。これは尋常ではない。
 現時点でそれぐらいに、ブラジルが世界の感染爆発の中心地だ。
 1月にはマナウスが変異株で医療崩壊し、3月には国全体に広がった。南米近隣諸国は、ブラジルが厳格な対処をとらないことに恐れおののき、国境を封鎖している。だが大陸の国境には抜け道がたくさんある。時間の問題で2~3カ月以内に南米大陸に拡散する可能性がありそうだ。
 今ブラジルが厳しい対処をとらなければ、世界に悪影響が広がる。WHOを始め、世界がそれに警告を発している。
 本紙3月11日《ブラジル》「世界が恐れる『原爆級』感染爆発=死者3千人超/日の予想まで=20州でUTI占有率80%超え」(https://www.nikkeyshimbun.jp/2021/210311-12brasil.html)の時点で、すでにその恐れが報道されている。世界はブラジル発の「原爆級の感染爆発」を恐れている。

ブラジル史初の人口減少

 今回の異常事態は、歴史的に見ても特異な現象になっている。
 スプートニク・ブラジル4月8日付(10日参照、https://br.sputniknews.com/brasil/2021040817294499-aumento-da-mortalidade-indica-que-brasil-vive-tempestade-perfeita-avalia-sociologo/?utm_)は、《この120年間、20世紀以降のブラジル史の中で、常に人口は増え続けてきた。しかし、この4月は歴史上初めて死者数が出生数を上回る可能性が出てきた》と報じた。
 1900年頃のブラジル総人口は約2千万人とみられており、常に増え続けて、2000年頃には2億人の大台を超え、10倍になった。
 IBGEの予測によれば、ブラジルの死者数と出生数が逆転するのは2040年前後とされ、それまで増え続けるのが従来の予測だった。
 国民の人口の増減は、経済においても軍事においても国力に密接に関係しており、「国家繁栄と存続の根幹」に関わる大問題だ。
 ところが同記事によれば3月の死者数は、コロナ死者の激増をうけて昨年同期比で63%も増えた。その結果、出生数が僅かに多い、事実上の拮抗状態になった。
 さらに、エウタキオ・ニニス・アウベス博士によれば《4月1日から6日まで、ブラジル史で初めて、死亡数が出生数を上回ったことが分った》とジョルナル・ダ・グローボが報じている。
 つまり、現在の地球規模で見ても、ブラジル史的に見ても、コロナ禍の被害は異常水準にある。
 ところが「国のトップにいる人間が異常事態にあることを理解していない」という、さらに異常な事態が起きている。「国家的な緊急事態が起きている」との認識がトップにないことが、ある意味、国民にとっては最大の悲劇だ。

「コロナ禍は数分で解決できる」という大統領

「グローボTVはゴミ」との看板を掲げ、自分への批判の急先鋒であるメディアをさげすむ大統領(Fotos: Alan Santos/PR)

 コロナ死者が4月6日に4千人を初めて超えたことに関して、コメントを求められた大統領は「そんな問題は数分で解決できる」と自信を見せ、「州政府がグローボ、フォーリャ、エスタードに払っている広告費を止めて別のことに使えば良い。連邦政府は2年前から払うのを止めている」とメディア攻撃をした。
 コロナ禍はメディアが作り上げている幻想だから、州政府が広告費を払わないでメディアがつぶれれば問題もなくなるとでも言いたいようだ。その認識のままで、まともなコロナ対策がとれるとは思えない。
 国の現状が理解できないトップだが、保身には細心の注意を払う。歴代大統領最多の70件もの罷免申請が下院議長に寄せられる中、議会最多勢力のセントロンを味方につけて、罷免されないための鉄壁の防御を連邦議会内に築いていた。

上院での議員調査委員会の様子(Beto Barata/Agência Senado/Arquivo)

 だが、鉄壁に見えた布陣にも「アリの一穴」があった。それは上院だ。最高裁判事の単独判断によって、上院にコロナ禍責任追及を問う議会調査委員会(Comissão Parlamentar de Inquérito、以下コロナCPI)という「穴」が開けられた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領2021年4月6日 《記者コラム》頼みの綱の軍部からも一線を引かれた大統領 セントロンに追い詰められる大統領  3月24日、ブラジルはコロナ死者30万人を超えるという惨状を呈した。この社会的不安感と緊張感の高まりを背景に、経済界も対策を求める意見書を公開し、それに背中を押されて政界の動きも激しくなった。3月末には1日の死者が4千人超の日が出るなど事態 […]
  • 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス2020年9月1日 《記者コラム》集団免疫に近づいたサンパウロ、リオ、マナウス  8月22日、「世界の幾つかの都市では集団免疫になった可能性がある」というニュースが急に流れた。それまでは学術系サイトでしか散見されなかった内容が、20日を区切りに一般メディアでも表れた。  例えばグローボ系列のリオ地方紙「エストラ」サイト22日付≪新型コロナウイルス […]
  • 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間2021年5月4日 《記者コラム》コロナ禍CPIで熱い攻防が開始する1週間 CPI全体の要となる最初のマンデッタ証言  「ケンチ(熱い)な1週間」になりそうだ。4、5日には中央銀行の通貨審議会(COPOM)で再び基本金利をぐっと上げることが予想されており、下院ではいよいよ4分割された税制改革の第1段の審議や、21年度予算で大統領が拒否権を […]
  • 《ブラジル》ワクチン不足で2度目の接種中断も=深刻なコロナ禍の中、前保健大臣はマスクなしで買い物「どこでマスク買うの?」ととぼける2021年4月28日 《ブラジル》ワクチン不足で2度目の接種中断も=深刻なコロナ禍の中、前保健大臣はマスクなしで買い物「どこでマスク買うの?」ととぼける  マルセロ・ケイロガ保健相が26日、上院の公聴会で、複数の州で第2回目のコロナワクチンの接種に問題が生じている事やパンデミックの深刻さを認め、マスク着用などの基本的な対策順守の必要を強調したと26日付現地サイトが報じた。  ワクチン接種は新型コロナの感染拡大抑制や経済 […]
  • 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか?2021年4月27日 《記者コラム》ルーラには復活祭、大統領には血祭りか? 「政治的迫害の犠牲者」としてアピール  ルーラは24日に組合関係者と会合を持ったのち、27日にはブラジリアへ行き、MDBやセントロンを初めとする旧友らと逢い、来年の大統領選挙に向けての動きを本格化させる予定とエスタード紙23日付(https://politica. […]