ホーム | 日系社会ニュース | 梅崎さんエッセイ集刊行=『忘れがたみの記』発行

梅崎さんエッセイ集刊行=『忘れがたみの記』発行

梅崎さん

梅崎さん

 梅崎嘉明さん(97、奈良)がエッセイ集『忘れがたみの記』を発刊した。全164ページ。刊行数は80冊。Service Miyagawa出版。
 同エッセイのテーマは「記憶に残っている人々」。梅崎さんが過去に執筆した同テーマのエッセイの中から「中でも軽く読んでいただけるようなユーモアのある、またロマンチック」な作品を集めたという。

『忘れがたみの記』表紙

『忘れがたみの記』表紙

 中には「マンボウ先生」こと作家の北杜夫のブラジル取材行に付き合った話、日本サッカー代表になった田中マルコス闘莉王のお婆さんの思い出話なども。
 梅崎さんは1923年生まれ、32年にカフェランジアに入植。63年に歌集「四十の生」を出版し、66年に小説「左代の周辺」で第8回パウリスタ文学賞、04年「流氓」でコロニア文芸賞を受賞した。

 普段はサンパウロ市在住だが、現在はコロナ禍を避けるため、郊外の親族宅で生活している。コロナ禍で文章会や歌会も中止となり、「皆さんに差し上げることができない」状況だという。
 希望者には送料各自負担で配布する。希望者はService Miyagawa出版(電話=11・3422・3918)まで連絡すること。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月23日 東西南北  今度の月曜日、25日はサンパウロ市の誕生日で、祝日となる。例年なら、この日には市が運営する大掛かりなコンサートなどが行われるはずだが、467回目の聖市誕生日となる今年はコロナ禍につき、人が集まるイベントは行わず、ヴァーチャルな形でのイベントが開催される。一例は、カーザ・ダス・ […]
  • 東西南北2021年1月22日 東西南北  21日、インド中部の都市プネーにあるセーラム研究所の工場で火災が発生した。この工場は、イギリスのオックスフォード大学とアストラゼネカ社が開発している新型コロナの「オックスフォード・ワクチン」製造工場として知られている。現在は同ワクチンのブラジルへの輸出が遅れており、ブラジルの […]
  • 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武2021年1月21日 特別寄稿=ブラジル日本語センター35周年記念=日本語教育の意義と未来=さらなる教育分野への投資を=理事長 日下野良武 【※1月16日に開催されたパネルディスカッション「ブラジルにおける日本語教育の意義と未来」の基調講演を許可を得て転載】 困難なコロナ禍で、オンライン授業が急進展  本日は、ブラジル日本語センター創立35周年を記念してのパネルディスカッションに、多くの日本語教育関 […]
  • 東西南北2021年1月20日 東西南北  パンデミックの間に一躍知名度を上げた食べ物の配達などの携帯アプリは、今や生活に欠かせない存在になりつつある。だが、それに欠かせないモトボーイ(配達員)を狙う電撃強盗が増加している。市警強盗防止班によると、2019年1月と2020年9月を比べると、モトボーイを狙った犯罪は27% […]
  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]