ホーム | 日系社会ニュース | 在留邦人の運転免許更新更新可能期間の延長措置

在留邦人の運転免許更新更新可能期間の延長措置

 日本の警察庁が、昨今の新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に運転免許の更新期限が迫るまたは失効した在留邦人に対し「免許証の有効期間が満了していない在留邦人がとり得る運転及び更新可能期間の延長措置(以下、裏書延長措置)」をサイト(https://www.npa.go.jp/bureau/soumu/corona/index_corona_special.html)で発表している。
 在留邦人の裏書延長措置への事前の申出は郵送も認めているが、申出の方法は都道府県警察ごとに多少異なってくるため、各都道府県警察に相談する必要が有る。
 同延長措置の対象者は現在の免許証有効期限の末日が令和3年6月30日までの人。以降の取り扱いについては警察庁ホームージで順次掲載予定。
 また、コロナ禍で免許証を更新することができず、免許を失効した人については失効日から3年以内で、なおかつコロナ禍の影響で手続きを行うことが困難であると判断される状況が止んだ日(帰国後の水際対策措置による待機期間の末日の翌月等)から、1カ月以内であれば免許再取得の学科試験や技能試験が免除される。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》年内は借家人の追放なし=上院が新たな法案を承認2021年6月25日 《ブラジル》年内は借家人の追放なし=上院が新たな法案を承認  新型コロナのパンデミックで失業者や所得が減った家庭が増えているが、パンデミックによって困窮している人達を守るため、上院が23日、家賃滞納が起きても借家人(借主)が追放されるのを防ぐための法案を承認したと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  同法案の救済対象は […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》ミランダ下議「金曜に国は真実を知る」=コバクシン疑惑をCPIで=大統領関与の証拠を証言へ=政府逆ギレ、捜査命ずる2021年6月25日 《ブラジル》ミランダ下議「金曜に国は真実を知る」=コバクシン疑惑をCPIで=大統領関与の証拠を証言へ=政府逆ギレ、捜査命ずる  【既報関連】22日付エスタード紙の報道で噴出したインド製コロナワクチン「コバクシン」に対する保健省の過払い疑惑に関し、「私はボルソナロ大統領に直接警告した」との主張を行ったルイス・ミランダ下議(DEM)に対し、ボルソナロ大統領とオニキス・ロレンゾーニ官房長官は23日、 […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]