ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 歌誌『椰子樹』378号が9月に発行された。
《眞子様の御来場待ちて早朝より超満員なる日本祭》(阿部玲子)も7月の慶事を偲ぶ作品。《店先に華やぎ競う花よりも歩道割れ目の月草ぞ好し》(住谷久)は庶民派の作品だ。映画女優は派手で美しいが、一緒に住むには、自分の好みをよく知っている女房こそが一番?! 《どの会に行くとも戦前移民なく化石のごとく黙すこと多し》《文協の会報もブラジル語と変り写真を見つつ往時を偲ぶ》(梅崎嘉明)も95歳の作者ならではの感慨がこもっている。《5メートル運転台によじ登り見果てぬ夢を少し味わう》(神林義明)。アグロショーで大型農業機械に乗り、運転しているつもりになって、かつて抱いたファゼンデイロの夢を思い出した経験を詠んだもの。今号にもいろいろな想いが詰まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年3月12日 大耳小耳  「新型肺炎の日本経済への負の影響は、08年のリーマンショック級」と言われるほどになってきた。11日付本紙6面掲載の共同通信の記事『新型コロナ拡大で退職通知』では、中国人技能実習生が新型コロナウイルス感染症の拡大を理由に退職を通知された事案を取り上げ「立場の弱い労働者への不利益 […]
  • 《サンパウロ市交通調査》車移動の時間が16%減=公共交通網の発達が一因2018年12月13日 《サンパウロ市交通調査》車移動の時間が16%減=公共交通網の発達が一因  サンパウロ州メトロポリタン公社(Metro)が毎年行っている交通調査によると、2017年にサンパウロ市大都市圏の住民が車で通勤、通学する際に費やした時間は1回平均26分だったと、12日付現地各紙が報じた。  この数値は、31分だった2007年と比較して16%短くなっ […]
  • 援協定期総会=厳しい不況下だが堅調に推移=今年の総予算4億6千レアル2017年5月10日 援協定期総会=厳しい不況下だが堅調に推移=今年の総予算4億6千レアル  「サンパウロ日伯援護協会」並びに「日伯福祉援護協会」(共に与儀昭雄会長)は、先月29日援協ビル5階で定期評議委員会及び定期総会を開催した。16年度事業及び決算報告の討議と承認ならびに、17年度事業計画と予算の承認が行われほか、任期2年間の評議員が選出された。  開会 […]
  • 家の光図画コン=応募作150点集め=文協で展覧会2005年9月21日 家の光図画コン=応募作150点集め=文協で展覧会 2005年9月21日(水) […]
  • 東西南北2013年2月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月16日 […]