ホーム | コラム | 樹海 | 多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき

多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき

労働者党員や黒人への脅迫などを行った学生の受講停止を報じた記事の一部(写真は法学部学生の発言を知り、抗議するマッケンジー大学の学生達)

労働者党員や黒人への脅迫などを行った学生の受講停止を報じた記事の一部(写真は法学部学生の発言を知り、抗議するマッケンジー大学の学生達)

 26日夜、退社前に主なネット記事に目を走らせていて、ある記事のタイトルに驚愕。何が起きたのかと調べ始めたら、帰れなくなった▼その記事は大学への司法介入に関するもので、10月30日付弊社サイトで一部を報じた。気になる事件は続き、サンタカタリーナ州ではジャイール・ボウロナロ氏支持者の新州議が「学校の授業を録画し、自分に送れ」と求めた。また、マッケンジー大学では、法学部最終学年生がボウソナロ氏の顔入りシャツを着て、「赤シャツの浮浪者(労働者党員)の顔が見たくてたまらない。即、殺してやる」と嘯き、黒人を脅迫する動画が流れ、波紋を呼んだ。この学生は受講を禁じられ、4カ月前から始めた弁護士事務所での研修も解雇された。法学部学生達は「こんな奴退学させろ」「こんな奴が将来、司法界に入るのか」と叫び、抗議行動を行った。サンパウロ総合大学でも、学生が武器などを見せ、労働者党支持者を脅す動画公開で物議を醸した▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊2018年11月20日 《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊  「Isto é uma […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳2018年11月6日 ホーロー鍋からピラルクーへ、頼もしい60歳  ビニールハウスのような養殖場に入ると、一瞬息が詰まるぐらいムッとし、眼鏡とカメラのレンズが曇った。きけば内部温度は37度以上に保たれているという。  ここは江尻龍之介さん(60、愛知県)が経営するピラルクー養殖場だ。サンパウロ市から南西に127キロのミラカツー市にあ […]
  • 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム2018年10月26日 今のブラジルを思うとゾッとする、昭和の名コラム  「汚職は国を滅ぼさないが、正義は時に国を滅ぼす」という、日本では比較的有名な言葉がある。その言葉の主は「昭和の名コラムニスト」と呼ばれた山本夏彦氏(1915~2002年)だ▼この言葉は、正確には同氏が1980年に書いた「汚職で国は滅びなない」と83年の「正義は時に国を […]