ホーム | コラム | 樹海 | 多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき

多様性の大切さをもっと大学で学ぶべき

労働者党員や黒人への脅迫などを行った学生の受講停止を報じた記事の一部(写真は法学部学生の発言を知り、抗議するマッケンジー大学の学生達)

労働者党員や黒人への脅迫などを行った学生の受講停止を報じた記事の一部(写真は法学部学生の発言を知り、抗議するマッケンジー大学の学生達)

 26日夜、退社前に主なネット記事に目を走らせていて、ある記事のタイトルに驚愕。何が起きたのかと調べ始めたら、帰れなくなった▼その記事は大学への司法介入に関するもので、10月30日付弊社サイトで一部を報じた。気になる事件は続き、サンタカタリーナ州ではジャイール・ボウロナロ氏支持者の新州議が「学校の授業を録画し、自分に送れ」と求めた。また、マッケンジー大学では、法学部最終学年生がボウソナロ氏の顔入りシャツを着て、「赤シャツの浮浪者(労働者党員)の顔が見たくてたまらない。即、殺してやる」と嘯き、黒人を脅迫する動画が流れ、波紋を呼んだ。この学生は受講を禁じられ、4カ月前から始めた弁護士事務所での研修も解雇された。法学部学生達は「こんな奴退学させろ」「こんな奴が将来、司法界に入るのか」と叫び、抗議行動を行った。サンパウロ総合大学でも、学生が武器などを見せ、労働者党支持者を脅す動画公開で物議を醸した▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度2019年4月30日 “逆ロビン・フッド”なブラジルの年金制度  昨年の大統領選挙以来、なぜ世の中は、社会保障改革、社会保障改革とさわいでいるのか――。読者の多くもブラジルの年金を日々もらっているだろう。これが安定的に支払われるのかを心配する人もいるのではないか。実際にリオ州公務員は一昨年来、支払いが滞っている。  そこに見え隠れ […]
  • 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち2019年4月23日 表現の自由をかけ、軍政と漫画で闘ったゲリラたち  戦車と機関銃で言論を統制したブラジル軍事政権(1964―85年)に対し、表現の自由のためにMangaという武器をとって戦った日系の若者たちがいた。  3月17日のブラジル漫画家協会(Abrademi、佐藤フランシスコ紀行会長)が主催した同会創立35周年で顕彰された3 […]
  • ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?2019年4月19日 ブラジルのサイトが好む日本製チョコレートは?  日本でチョコレートが最も消費される日と言えば、日本人なら誰もが「それは2月14日のバレンタインデーだ」と答える。だが、それは日本独自のもの。ブラジルを含む欧米社会では「チョコレートを食べる」といえば「パスコア」、英語風に言うなら「イースター(復活祭)」の日だ▼そのパス […]
  • 「軍政は共産主義から国を救った」と言うけれど2019年4月5日 「軍政は共産主義から国を救った」と言うけれど  先日、3月31日は伯国で軍事クーデターが発生して55周年にあたったが、それをめぐりボウソナロ大統領が「その日を祝おう」として国内の世論が大きく揺れた▼結局、この日に、元から乗り気でなかった軍がどういう行事を行なったのかはよくわからないし、国民一般でも頻繁に見かけたのは […]