ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対

《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対

 大麻合法化問題に関する意識調査がブラジルで行われ、全体の47%が「合法化に強く反対」、7%が「やや反対」と、あわせて半数以上が大麻合法化に反対している事がわかった。
 これは、「ブラジルでも大麻は合法化されるべきである」との設問に対し、「強く反対」「やや反対」「どちらでもない」「やや賛成」「強く賛成」「わからない」との回答を選択させるもので、ブラジル国民100万人以上が回答した。
 「強く反対」が47%、「やや反対」が7%だった他、「どちらでもない」が9%、「やや賛成」が15%、「強く賛成」が22%、「わからない」が1%だった。
 回答を男女に分けて分析すると、反対派は女性の方が多かった。
 女性だけ見ると、強く反対が51%、やや反対が7%で、全体の58%が反対だった。
 男性の場合は、強く反対が42%、やや反対は7%で、全体の49%が反対だった。
 学歴別では、「教育は一切受けていないか、初等教育を終えていない」「初等教育を受けたが中等教育を終えていない」「中等教育を受けたが、高等教育を終えていない」「高等教育を終えた」の順に大麻合法化反対派の割合が低くなり、賛成派が多くなるという相関関係が見られた。
 また、10月の大統領選挙で当選したジャイール・ボウソナロ候補に投票した人の中では、「合法化に強く反対」と答えた比率が73%と突出していた。(6日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》リオ連邦大学が一部停止?=大学関連の経費凍結の影響で2019年8月7日 《ブラジル》リオ連邦大学が一部停止?=大学関連の経費凍結の影響で  リオ連邦大学(UFRJ)のデニーゼ・デ・カルヴァーリョ学長が5日、学内の活動の一部が今月から停止の危機にあると明かしたと同日付現地紙サイトが報じた。  全ての連邦大学では5日から今年下半期の活動が始まったが、連邦政府からの予算支出が大幅に削られたため、UFRJでは諸活動の継 […]
  • 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中2019年8月3日 《ブラジル》先住民保護区の開発に86%が反対=政府は着々と開発促進の準備中  ダッタ・フォーリャが7月4~6日に国内168市在住者、計2088人を対象に行った調査で、「先住民(インジオ)保護区の開発のために鉱物採掘会社が保護区内に入ることを政府は認めるべきか」との設問に、86%が「全く同意しない」、7%が「一部同意する」、7%が「完全に同意する」と答え […]
  • リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中2019年8月3日 リオ市=チリ人観光客、刃物で襲われる=コパカバーナの海岸を散歩中  リオ市南部のコパカバーナで1日夜、チリ人観光客が刃物を持った男に襲われ、ケガをするという事件が起きた。  被害者の名前などは公開されていないが、夜10時頃、恋人と海岸を散歩していたところ、パウラ・フレイタス街に入ったところで、行商人らしき男に行く手を塞がれたという。  被 […]
  • ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味2019年7月31日 ブラジル国内で医療用大麻の栽培解禁なるか=既に国内外20社が興味  医療用大麻の栽培解禁に関する公聴会も終了まであと1カ月を切ったタイミングで、既にブラジル内外の20社が、国家衛生監督庁(Anvisa)に対して、大麻栽培に関心があることを示していると、30日付ブラジル紙が報じた。  ブラジル紙によると、カナダ、米国、イスラエルの企業が特に熱 […]
  • リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人2019年7月31日 リオ市=路上生活者が死傷事件起こす=2人が死亡、負傷者も5人  リオ市南部のラゴア区で28日、路上生活者が錯乱状態に陥り、停車中の車の運転手ら3人を刃物で刺すという事件が起きた。  目撃証言によると、プラシド・コレア・デ・モウラ容疑者(44)は、事件当時、精神に異常をきたし、意味不明な言葉を叫んでいたという。  防犯カメラの映像による […]