ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対

《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対

 大麻合法化問題に関する意識調査がブラジルで行われ、全体の47%が「合法化に強く反対」、7%が「やや反対」と、あわせて半数以上が大麻合法化に反対している事がわかった。
 これは、「ブラジルでも大麻は合法化されるべきである」との設問に対し、「強く反対」「やや反対」「どちらでもない」「やや賛成」「強く賛成」「わからない」との回答を選択させるもので、ブラジル国民100万人以上が回答した。
 「強く反対」が47%、「やや反対」が7%だった他、「どちらでもない」が9%、「やや賛成」が15%、「強く賛成」が22%、「わからない」が1%だった。
 回答を男女に分けて分析すると、反対派は女性の方が多かった。
 女性だけ見ると、強く反対が51%、やや反対が7%で、全体の58%が反対だった。
 男性の場合は、強く反対が42%、やや反対は7%で、全体の49%が反対だった。
 学歴別では、「教育は一切受けていないか、初等教育を終えていない」「初等教育を受けたが中等教育を終えていない」「中等教育を受けたが、高等教育を終えていない」「高等教育を終えた」の順に大麻合法化反対派の割合が低くなり、賛成派が多くなるという相関関係が見られた。
 また、10月の大統領選挙で当選したジャイール・ボウソナロ候補に投票した人の中では、「合法化に強く反対」と答えた比率が73%と突出していた。(6日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市地下鉄=トンネル捜査許可に1時間=クリスマス前の3歳児死亡事故2019年1月5日 サンパウロ市地下鉄=トンネル捜査許可に1時間=クリスマス前の3歳児死亡事故  昨年末、クリスマス直前の悲劇として報じられた、サンパウロ市地下鉄1号線のトンネルでの3歳児の事故死に関し、駅側がトンネル捜査の許可を出すのに1時間を要していたことが判明した。4日付現地紙、サイトが報じている。  ルアン・シウヴァ・オリヴェイラちゃんの死亡事故は、昨年12月2 […]
  • サンパウロ市=レヴェイロン今年も開催=ブラジル音楽史の大物2人が中心2018年12月28日 サンパウロ市=レヴェイロン今年も開催=ブラジル音楽史の大物2人が中心  31日、サンパウロ市恒例の年越しイベント「レヴェイロン・パウリスタ」が例年どおり、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われる。  レヴェイロンそのものは全国の多くの都市で行われている年越しイベントで、「レヴェイロン・パウリスタ」は毎年、パウリスタ大通りで行われる。設営ステー […]
  • 聖市=公共交通料金4・3レに=バス7日、鉄道13日から2019年1月4日 聖市=公共交通料金4・3レに=バス7日、鉄道13日から  【既報関連】12月27日にサンパウロ市のブルーノ・コーヴァス市長、1月3日にサンパウロ州のジョアン・ドリア知事が、サンパウロ市のバスと地下鉄、パウリスタ都電公社(CPTM)の料金を7・5%引き上げると発表したと、12月28日付現地紙、1月3日付サイトなどが報じた。  12月 […]
  • 《サンパウロ大都市圏》オザスコ市交通局長銃殺される=深夜に停車中、11発浴びる2018年12月22日 《サンパウロ大都市圏》オザスコ市交通局長銃殺される=深夜に停車中、11発浴びる  20日未明、サンパウロ大都市圏のオザスコ市で、同市交通局長のオズヴァウド・ヴェルジニオ氏が乗った車が大量の銃弾を浴び、同氏が死亡する惨事が起きた。21日付現地紙が報じている。  事件は同日午前1時頃、同市のノヴォ・オザスコ地区を黒のトヨタ車で移動中、友人宅前で停まったところ […]
  • サンパウロ市最大の繁華街で同性愛者殺害=夫や友人の見ている前で2018年12月27日 サンパウロ市最大の繁華街で同性愛者殺害=夫や友人の見ている前で  サンパウロ市最大の繁華街パウリスタ大通りとブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りの角で21日夜、30歳の同性愛者の男性美容師が、伴侶の男性らと歩いている最中、暴漢にナイフで刺されて死亡する事件が起きた。23日付現地紙が報じている。  殺害されたのはプリニオ・エンリケ・デ・ア […]