ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ次期大統領が引継作業班28人を発表=中核にエレーノ元陸軍大将ら=信任厚いなじみの顔並ぶ=29から17に省削減前提に

《ブラジル》ボウソナロ次期大統領が引継作業班28人を発表=中核にエレーノ元陸軍大将ら=信任厚いなじみの顔並ぶ=29から17に省削減前提に

6日のボウソナロ氏(Geraldo Magela/Agência Senado)

6日のボウソナロ氏(Geraldo Magela/Agência Senado)

 5日からのブラジリアでの政権引継作業開始に伴い、ジャイール・ボウソナロ次期大統領(社会自由党・PSL)が指名した次期政権閣僚予定者を含む作業班28人が連邦官報で公表された。作業班は総勢50人までで、残りのメンバーは追って発表される。引継作業は、現在、29ある省庁を17まで削減することを前提に行われる。6日付現地紙が報じている。

 28人中、引継ぎの中核となるのは、他の27人に先駆けて官報に掲載された、官房長官予定者のオニキス・ロレンゾーニ氏(民主党・DEM)だ。同氏は現官房長官のエリゼウ・パジーリャ氏と共に、首都のブラジル銀行文化センター(CCBB)で行われている、テメル政権との引継作業をまとめている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ