ホーム | Free | イグアッペで桂植民地顕彰=入植105周年を祝い桂祭り

イグアッペで桂植民地顕彰=入植105周年を祝い桂祭り

 聖州イグアッペ市内のイベントセンター(Rua Ana Candida Sandoval Trigo)で10、11日の2日間、『第4回桂祭り』が行われる。10日は午後3時から午後9時まで、11日は午前10時から午後5時まで。開会式は10日午後3時から。
 同市内にあった「桂植民地」は、存続していれば今年で入植開始105周年を迎える日系最古の永住型植民地だった。現在は全員が退耕して伯人所有農園となっているが、最初の植民地がこの市にあったことを顕彰し、祭るイベント。
 日系歌手中瀬リカルドや琉球国祭り太鼓などの芸能発表が行なわれるほか、日本料理の販売や展示なども行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ