ホーム | ブラジル国内ニュース | ボウソナロ=新政権は18省庁に?=「毒の女王」が農相で波紋?!=労働省は強引に廃止分割=CGUは猛反発で残留へ

ボウソナロ=新政権は18省庁に?=「毒の女王」が農相で波紋?!=労働省は強引に廃止分割=CGUは猛反発で残留へ

テレーザ・クリスチーナ氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

テレーザ・クリスチーナ氏(Antonio Cruz/Ag. Brasil)

 ジャイール・ボウソナロ次期大統領は7日、労働省を廃止して分割統合することを発表。省庁は最終的に18となりそうだ。また、同日に同氏が行った次期農相指名が、早くも問題となっている。8日付現地紙が報じている。

 ボウソナロ氏は7日、高等裁判所でジョアン・オタヴィオ・デ・ノローニャ長官と食事をした後、記者団に労働省廃止の意向を語った。それが何に統合されるのかは語らなかった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ