ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル政府=電力公社エレトロブラスの民営化発表=株式指数は6年以上なかった高値に=株式売却で財政を健全化?=電気代値下げの可能性も

ブラジル政府=電力公社エレトロブラスの民営化発表=株式指数は6年以上なかった高値に=株式売却で財政を健全化?=電気代値下げの可能性も

ブラジル最大の発電量を誇るイタイプダム(参考画像Alexandre Marchetti/ItaipuBinacional)

ブラジル最大の発電量を誇るイタイプダム(参考画像Alexandre Marchetti/ItaipuBinacional)

 【既報関連】ブラジル政府は21日、ラテン・アメリカ最大の電力会社で、フルナスなども傘下におくブラジル電力公社(エレトロブラス)の民営化を発表したと、22日付現地各紙が報じた。

 鉱山動力省は、政府が保有するエレトロブラスの株式の売却を、官民合同投資計画(PPI)審議会に諮る。政府側は、どの程度の所有株式を売却するかに関する明言を避けた。また、拒否権付きの株式(黄金株)は今後も所有し、エレトロブラスの経営には関与し続ける意向だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ