ホーム | ブラジル国内ニュース | コロナショックでコーヒー価格急騰=主要輸入国が買いだめで需要が急増

コロナショックでコーヒー価格急騰=主要輸入国が買いだめで需要が急増

ブラジルやコロンビアのコーヒー業者には嬉しい悲鳴か(参考画像・Marcello Cadal Jr./Ag. Brasil)

 新型コロナウイルスの災禍が世界中に拡大している中、サプライチェーンの停滞を見越した世界の主要コーヒー消費(輸入)国が、コーヒーの“買いだめ”を行っている。
 コロナウイルスの災禍により、トラックの運転手や船の乗組員の確保が難しくなったり、航空便での輸送量が激減したりすることを懸念するコーヒー輸入国が買い注文を最大で1カ月前倒ししているため、他のコモディティ商品が軒並み値を下げているのとは反対に、コーヒー豆の価格は上昇している。
 特に、ブラジルやコロンビアなどの主要なコーヒー輸出国の生産者は、価格が上昇しているのを感じている。
 「誰もが焦って買いに走っている」とコロンビアの輸出業者、カラベラ・コーヒーのディレクター、カルロス・デ・ヴァウデネブロ氏は語った。 コロンビアは収穫期を過ぎており(オフシーズン)、新たな在庫増は望めないのに、需要が拡大。まだ在庫が残っているという国内の輸出業者も、大半は一時的に大幅な在庫減となり、操業能力が低下しているため、買い注文が殺到している現状を懸念しているという。
 米国の大手コーヒー輸入業者は、米国の焙煎業者も中央アメリカなどの原産地からの買い取りを加速しようとしていると語った。
 ブラジル最大級のコーヒー輸出業者の幹部は匿名を条件に、「米国、日本、ドイツといった、全てのコーヒー輸入主要国のバイヤーから注文を受けた。とにかく、世界中の大手の焙煎業者がすべて、コーヒー豆を抑えたがっているんだ。コロナショックで供給がストップすることを心配する輸入国の業者たちは、少しでも早く、豆を手元に置きたいと考えている」と語った。(30日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負2019年6月14日 ■ひとマチ点描■ブラジルコーヒーで真剣勝負  「ご来場のお客様から、うちの店のコーヒーに『おいしい!』とお褒めの言葉をたくさんいただき、午前11時のスタートから6時間、ドリップコーヒーを休まずに淹れ続けられた喜びは大きかったです」  そんなメールを送ってきたのは、大阪・京橋でスペシャリティコーヒー専門の自家焙煎 […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • 将来は世界一の農業大国=ソロカバ在住 早川量通2019年10月19日 将来は世界一の農業大国=ソロカバ在住 早川量通  9月15日に開催された「第71回全伯短歌大会」は令和最初の記念すべき大会でした。そこで、まったく予想もしていなかったことに、私の作品が1位となりました。  〈天と地を区切る稜線の果てしなく大豆実れるブラジルの大地〉――この短歌を見た友人の志方進さんが、作品に描いた壮大な大豆 […]
  • オペラ歌手の鶴澤さん=日ブラジル国歌で両国をつなぐ=公演依頼を受付中2015年7月22日 オペラ歌手の鶴澤さん=日ブラジル国歌で両国をつなぐ=公演依頼を受付中  全国の護國神社を巡拝し日本国歌を奉唱しているオペラ歌手の鶴澤美枝子さん(64、香川)が5月末から当地に滞在、各地で公演を行い日伯両国歌を披露している。  オペラ歌手暦48年になる彼女は、4年前から「君が代」を歌い始め、日本各地の神社で奉唱を行ってきた。現在はブラジル国歌にも […]
  • 疫病終息までの過ごし方、心構え=老人特有の病の対処法とは=聖市ビラ・カロン在住 毛利律子2020年3月21日 疫病終息までの過ごし方、心構え=老人特有の病の対処法とは=聖市ビラ・カロン在住 毛利律子  とうとうサンパウロも、コロナウィルスによる死者が出た。不要不急な用事以外は、特に高齢者は外出禁止とということである。 平穏無事な時は、「きょうよう」「きょういく」のすすめ  私は、サンパウロ市で所属する文芸クラブの機関誌に拙文を投稿している。そこに先日、高齢者には […]