ホーム | 日系社会ニュース | 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表

伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表

大会の様子

大会の様子

 第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。
 今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校、南麻州から2校、聖州から2校の参加があった。9歳から16歳まで43人の生徒が堂々と日頃の日本語学習成果を発表した。
 年齢別に4カテゴリーに分けられ、各カテゴリー入賞者にトロフィーが贈られた。入賞できなかった生徒には参加賞が贈られた。また、過去のスピーチコンテスト優勝者3人がスピーチを発表し、年少者にいい刺激をあたえた。
 発表後はマリンガリーダー会の協力により生徒交流会が行われ、ダンスや物真似ゲームなどのアクティビティを通して他校・他州の参加者との交流が進んだ。来年は記念すべき第10回目の大会になるため、参加者、参加校の増加が期待されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会2016年7月16日 「生徒倍増計画」テーマに=第59回全伯日本語教師研修会  ブラジル日本語センター(立花アルマンド敏春理事長)が主催する第59回全伯日本語教師研修会が15日午前、開校式を行った。アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ペルーなど近隣4カ国からの参加者を入れ、約90人が集まった。15~17日の3日間「生徒倍増計画 ~ちょっと現場改善」をテー […]
  • 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞2016年10月20日 日語センターに国際交流基金賞=国外日語教育界で初の受賞  独立行政法人国際交流基金が毎年贈呈する基金賞をブラジル日本語センターが受賞した。1973年から続く同賞は国際交流基金の設立翌年に始まり、今回で44回目。文化活動を通じ国際相互理解、国際友好親善の促進への貢献やこれからの活動が期待される個人、団体に授賞される。  同センタ […]
  • ドウラードス日本語モデル校=創立25周年を顧みて=校長 城田 志津子=(3)2015年7月3日 ドウラードス日本語モデル校=創立25周年を顧みて=校長 城田 志津子=(3)  連合会創立当時から学務という部署がありましたが、83年、名称を日本語普及部と改め日本語普及に向かっての活動が始まりました。同年、松原移住地にも私塾の日本語学校が開校され、殆どの日本人移住地に日本語学校が開校し、日本語学校生徒の交流の輪が更に広がっていきました。 またこの年 […]
  • ロンドリーナで74人が発表=三州・パ国交流お話大会2015年11月13日 ロンドリーナで74人が発表=三州・パ国交流お話大会  パラナ日伯文化連合会(リーガ・アリアンサ、折笠力己知会長)とパラナ日本語教育センター(嶋田巧センター長)の主催で、日本ブラジル外交関係樹立120周年、パラナ州日本人入植100周年を記念し、「三州・パラグアイ交流日本語お話大会」が10月10日午前、同州ロンドリーナ市のパルケ・ネ […]
  • 参加者の皆さん(開講式後の記念撮影)2015年7月18日 近隣4カ国含め計60人参加=第58回全伯日本語教師研修会  今年創立30周年を迎えたブラジル日本語センター(板垣勝秀理事長)が主催する第58回全伯日本語教師研修会が17日に開講式を行った。今回はアルゼンチン、パラグアイ、ボリビア、ペルーなど近隣4カ国からの参加者も得て約60人が19日まで3日間「日本語教師も運営感覚を磨こう!」をテ […]