ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》日本濾過工業=30年使っても新油と同様=機械油の濾過装置を本格販売

《ブラジル》日本濾過工業=30年使っても新油と同様=機械油の濾過装置を本格販売

来社した三浦専務取締役、星野南米エリアマネージャー

来社した三浦専務取締役、星野南米エリアマネージャー

 世界に誇る日本の技術がブラジルに本格進出――工業用オイル高性能濾過装置「ミラクルボーイ」を製造販売する日本濾過工業株式会社(代表者=佐々木克英)がサンパウロ市内に9月に販売拠点を作り、国内販売に意欲を見せている。本社(サイトwww.roka.co.jp)は静岡県富士市。
 10月29日、同社の三浦克英専務取締役と南米エリアマネージャーの星野浩史さんが来社した。
 同社の「ミラクルボーイ」は工場などで使われる機械油を濾過し、新油基準を維持することができる。ある製紙工場では同製品を利用したことで、約30年間も同じ機械油を使い続けているにも関わらず、新油同等の品質を保ち続けている調査結果も出ている。
 この製品を使えば、濾過の過程で油の中の水分や酸化性成分などを除去し、油の粘度や純度を保つことができる。綺麗な油を循環させることで機械内部が汚れなくなり、故障が減るという。
 三浦専務取締役は「機械の故障は多くは、内部の油汚れが原因。油を買い続ける費用、機械の整備費を考えるとミラクルボーイはおすすめ」と語った。

左が濾過後の新品同様の油、右が濾過前の汚れた潤滑油

左が濾過後の新品同様の油、右が濾過前の汚れた潤滑油

 また、環境保護の面からも同製品の使用を勧めている。例えば、1メートル角のタンクの油交換で出た廃油を処理するには、2・5トンもの二酸化炭素が排出されるという。「油を捨てないこと、二酸化炭素を減らすことが環境の改善にも貢献するのでは」と星野さんが語った。
 機械の油を管でミラクルボーイに引き出して濾過処理を施し、再び機械に戻す形になる。既存の機械に付け加えるだけなので、大型船舶のエンジンに搭載することも可能だ。現在全世界で2万台販売している。
 三浦専務は「こういった濾過装置は世界でもほかにはない。長い目で見ればコストの削減にもなり、工業先進国でもあるブラジルでも需要があるのでは。是非導入してほしい」と語った。問い合わせは星野南米エリアマネージャー(hoshino@roka.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • G20大阪で日伯首脳会談=「貿易、投資促進したい」=日系社会の大きな役割確認2019年7月2日 G20大阪で日伯首脳会談=「貿易、投資促進したい」=日系社会の大きな役割確認  安倍晋三首相は、金融・世界経済に関する首脳会合(G20大阪サミット)出席のために訪日中のジャイル・ボウソナロ大統領との首脳会談を、日本時間の6月29日に大阪市内のサミット会場で行った。両者は両国間の幅広い分野の協力を推進する方向で一致し、「日伯両国の懸け橋としてブラジ […]
  • 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助2019年6月25日 東京カフェショー、3日から=伯国大使館が300万円援助  カフェレスジャパン実行委員会主催の「東京カフェショー―7回カフェ・喫茶ショー」が7月3日(水)~5日(金)まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1)で開催される。入場料3千円。時間は午前10時~午後6時、5日のみ午後5時まで。  ブラジル・パビリ […]
  • 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」2019年5月24日 「伴」が23日夜に閉店=原口店主「皆に愛されていた」  聖市リベルダーデ区のトマス・ゴンザガ街で2011年に開店した日本食レストラン「伴」が、今月23日午後10時半を以って閉店した。  店主の原口政信さん(66、宮崎県)は「昨年の11月13日に家主との契約は終わったが、何も言われなかったので経営を続けていた。それが一カ月 […]
  • リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート2019年4月18日 リベルダーデ=「仲間と一緒に住みませんか?」=初の日系高齢者向け分譲アパート  小林建設と大空不動産が企画して、日系高齢者向けバリアフリーの分譲アパート建設を着工する予定が明らかになった。「バリアフリー」は段差などを極力なくした工法。場所は聖市グロリア街501番。この『すいせんビル』アパートは、建築家のケン・マベ氏が設計を担当。11階建てで、地階 […]