fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 《ブラジル》日本濾過工業=30年使っても新油と同様=機械油の濾過装置を本格販売

《ブラジル》日本濾過工業=30年使っても新油と同様=機械油の濾過装置を本格販売

来社した三浦専務取締役、星野南米エリアマネージャー

来社した三浦専務取締役、星野南米エリアマネージャー

 世界に誇る日本の技術がブラジルに本格進出――工業用オイル高性能濾過装置「ミラクルボーイ」を製造販売する日本濾過工業株式会社(代表者=佐々木克英)がサンパウロ市内に9月に販売拠点を作り、国内販売に意欲を見せている。本社(サイトwww.roka.co.jp)は静岡県富士市。
 10月29日、同社の三浦克英専務取締役と南米エリアマネージャーの星野浩史さんが来社した。
 同社の「ミラクルボーイ」は工場などで使われる機械油を濾過し、新油基準を維持することができる。ある製紙工場では同製品を利用したことで、約30年間も同じ機械油を使い続けているにも関わらず、新油同等の品質を保ち続けている調査結果も出ている。
 この製品を使えば、濾過の過程で油の中の水分や酸化性成分などを除去し、油の粘度や純度を保つことができる。綺麗な油を循環させることで機械内部が汚れなくなり、故障が減るという。
 三浦専務取締役は「機械の故障は多くは、内部の油汚れが原因。油を買い続ける費用、機械の整備費を考えるとミラクルボーイはおすすめ」と語った。

左が濾過後の新品同様の油、右が濾過前の汚れた潤滑油

左が濾過後の新品同様の油、右が濾過前の汚れた潤滑油

 また、環境保護の面からも同製品の使用を勧めている。例えば、1メートル角のタンクの油交換で出た廃油を処理するには、2・5トンもの二酸化炭素が排出されるという。「油を捨てないこと、二酸化炭素を減らすことが環境の改善にも貢献するのでは」と星野さんが語った。
 機械の油を管でミラクルボーイに引き出して濾過処理を施し、再び機械に戻す形になる。既存の機械に付け加えるだけなので、大型船舶のエンジンに搭載することも可能だ。現在全世界で2万台販売している。
 三浦専務は「こういった濾過装置は世界でもほかにはない。長い目で見ればコストの削減にもなり、工業先進国でもあるブラジルでも需要があるのでは。是非導入してほしい」と語った。問い合わせは星野南米エリアマネージャー(hoshino@roka.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見2020年10月27日 《サンパウロ州》解体部品で車を改造・販売=盗難車の墓場も発見  サンパウロ州市警が26日、内陸部バレットス地方で「デスモンテ(解体)作戦」を敢行し、車を盗んで解体・改造を繰り返し、ぼろ儲けしていた犯罪組織を摘発した。  「デスモンテ作戦」の対象となったのは、サンパウロ州内の7市(フランカ、グアイーラ、イツヴェラヴァ、ジャルジノー […]
  • 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後2020年10月27日 《ブラジル》国家衛生監督庁が中国製ワクチン輸入承認=サンパウロ州知事の意見通る=治験と技術移転に不可欠=国内製造分の判断は今後  ボルソナロ大統領とジョアン・ドリア・サンパウロ州知事との間で、新型コロナウイルスに対するワクチンを巡る争いが激化する中、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)が、ドリア知事が推進する中国製ワクチン「コロナバック」の中国からの輸入を認めた。24日付現地紙が報じている。 […]
  • 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で2020年10月27日 《サンパウロ市市長選》サバラ候補に失格命令下る=党除名に続き副候補撤退で  サンパウロ市市長選候補のフィリペ・サバラ氏が25日夜、所属政党からの追放と副候補の撤退を理由に出馬資格失格の処分を受けた。26日付現地紙が報じている。  これは24日に、サバラ氏の所属政党だったノーヴォが、副候補のマリア・エレーナ氏が選挙から引き上げることを理由に、シャッパ […]
  • 東西南北2020年10月27日 東西南北  ハロウィンもまだ終わっていないのに、サンパウロ市セントロの3月25日通りや市内の各ショッピングセンターではもう、クリスマス商戦がはじまっている。場所によってはもうクリスマスツリーが飾られているし、パネトーネも店頭に並びはじめて久しい。例年よりもかなり早い展開だ。関係者はその理 […]
  • 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?2020年10月27日 《記者コラム》「中国はすでに世界一の経済」は本当か?  有名エコノミストのセルソ・ミンギ氏は10月16日付エスタード紙のコラムの見出しに《中国はすでに世界一の経済》と書いた。  その本文冒頭にも《重要な経済指標の一つによれば、米国はすでに世界一ではない。中国はすでに国内総生産(GDP、ポ語はPIB)で凌駕した。最大である […]