ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』468号が10月に刊行された。《葡萄祭ガウーショ踊に気勢上ぐ》(堀川暁星)からはイタリア系子孫が多い地域独特の明るさが漂う。《南より押し寄せてくる寒波かな》(宮内暁風)。日本なら寒波は北から。この句からは南半球にいることが痛感される。《街路樹の角刈り丸刈り木の芽吹く》(小柴智恵子)。サンパウロ市ではほぼボウボウ状態だが、作者の住むサンカエターノ・ド・スルの市役所職員は勤勉のようだ。《母の日や今居ますればと涙ぐみ》(吉本加奈)。死んでからしばらく経っても、思い出して涙ぐまれるような存在になりたい。そんなことを思わせる句。《我真似て孫ドッコイショうららかな》(西川あけみ)。日本語がしゃべれない孫の代でも「ドッコイショ」は意外に残る?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー2020年4月14日 《ブラジル》モラエス・モレイラ急死=伝説のバンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー  ブラジル音楽界を代表するミュージシャンの一人で、バンド、ノーヴォス・バイアーノスのリーダー、モラエス・モレイラが13日、心不全によって死去した。72歳だった。  モレイラが亡くなったのは13日の午前6時頃と考えられている。彼はリオ市ガヴェア地区にある自宅でひとり暮ら […]
  • コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに2020年3月31日 コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに  サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。   サンベルナルド市役所によると、モランド市長 […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]