ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボウソナロ=パルメイラスの今年最後の本拠地試合観戦へ=かねてからファンを公言

《ブラジル》ボウソナロ=パルメイラスの今年最後の本拠地試合観戦へ=かねてからファンを公言

 ジャイール・ボウソナロ次期大統領が、2日に行われるサッカーの全国選手権最終節に、今季優勝を飾ったパルメイラスの試合を見に行くことになりそうだ。
 パルメイラスは11月25日に行われた第37節で優勝を飾り、残るは本拠地、サンパウロのアリアンツ・パルケで行われる対ヴィットーリア戦のみ。ここで、運営側から、次期大統領を呼ぶプランが浮上した。
 それは、ボウソナロ氏がかつてから、パルメイラスのファンであることを公言しているためだ。同氏はリオを拠点とした政治家であるため、リオ出身と思われているが、生まれはサンパウロで、軍学校に入るまでは同州で過ごしていた。
 パルメイラスはサンパウロの代表的な人気チームのひとつであることに加え、元々がイタリア移民で作られたチームでもあるため、イタリア系の血を引くボウソナロ氏がひいきにする理由となっているのかもしれない。同氏はこれまでにも、たびたび、パルメイラスのユニフォームを着ている姿を目撃されている。
 そうした縁もあってか、チームには親ボウソナロのイメージが強い。レギュラーのフェリペ・メロは、大統領選の最中に試合で得点を決めた際に「ボウソナロ!」と雄叫びをあげて有名となり、優勝後のインタビューでは監督のフェリポンが「ブラジルが正しい道を進むように期待している」とボウソナロ氏に向けたコメントを行っていた。
 ボウソナロ氏自身もパルメイラスが優勝を決めた瞬間に、ツイッターと動画で祝福のコメントを送っている。
 パルメイラス側は正式にボウソナロ氏に対する最終戦への招待を行い、ボウソナロ氏も行くことに前向きだ。ただ、優勝カップの授与役などに関しては否定している。
 また、ボウソナロ氏は9月6日にミナス・ジェライス州での大統領選の講演会で暴漢に腹部を刺される被害にあっているため、警備は厳重となりそうだ。(27日付UOLサイト、28日付テーラ・サイト、同日付フォーリャ紙サイトなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ