ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》テメル大統領=ベネズエラと国境接するロライマ州に直接統治令を発令=財政難で治安機能の停止受け

《ブラジル》テメル大統領=ベネズエラと国境接するロライマ州に直接統治令を発令=財政難で治安機能の停止受け

国防審議会でのテメル大統領(Alan Santos/PR)

国防審議会でのテメル大統領(Alan Santos/PR)

 ミシェル・テメル大統領は7日、北部ロライマ州に今年いっぱいの期限で直接統治令を出す事を宣言したと、7~10日付現地各紙・サイトが報じた。
 同州は、隣国のベネズエラからの難民流入や、それに伴う治安悪化に苦しんできた。直接統治令の直接の原因となったのは、3カ月も給与が支払われていないとして、刑務所職員や軍警をはじめとする州公務員が事実上のストに入った事だ。連邦政府は11月13日にも、ロライマ州の刑務所機構の管理及び少年院の管理部門を連邦政府が統括する協力協定を出していたが、情勢悪化は食い止められず、直接統治令発令となった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ