ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》重くのしかかる公務員人件費=16州・直轄区が純収入の6割超=公共サービスの維持も困難

《ブラジル》重くのしかかる公務員人件費=16州・直轄区が純収入の6割超=公共サービスの維持も困難

マンスエト・アルメイダ国庫庁長官(Agencia Senado)

マンスエト・アルメイダ国庫庁長官(Agencia Senado)

 ブラジル国庫庁が6日に発表した報告書によると、昨年は、16州と連邦直轄区が、財政責任法の定める「純収入の60%を超える額を人件費に使ってはいけない」との項目に抵触していた事が分かった。7日付現地紙が報じている。
 純収入の60%以上を人件費に費やすと、州の責務である基本的な公共サービスに回せる資金が少なくなり、サービスの質の維持も出来なくなるとの理由で、同法は制定されている。「純収入」は税収などから諸経費を引いた額で、「人件費」は現役職員の給与や諸手当に、元職員への年金なども加算した額だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ