ホーム | ブラジル国内ニュース | 《南米サッカー》リベルタドーレス杯=前代未聞の襲撃事件による決勝延期の末にマドリッド決戦を制したリーベルが優勝

《南米サッカー》リベルタドーレス杯=前代未聞の襲撃事件による決勝延期の末にマドリッド決戦を制したリーベルが優勝

勝利に喜びを爆発させるリーベル・プレートの選手たち(Diego Haliasz/Prensa River)

勝利に喜びを爆発させるリーベル・プレートの選手たち(Diego Haliasz/Prensa River)

 サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯の決勝第2試合は9日、襲撃事件のせいで15日遅れの南米大陸外での開催という異例事態の中で行われ、リーベル・プレート(アルゼンチン)がボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)に3―1で勝利、3年ぶり4度目の優勝を飾った。10日付ブラジル国内紙が報じている。
 今大会の決勝はアルゼンチンのブエノスアイレス勢同士の対決で、11月11日に行われた第1試合が2―2で終わったため、11月24日に予定されていた第2試合の勝敗が優勝が決まるはずだった。
 だが、その試合当日にリーベルの応援団がボカの選手の乗ったバスを襲撃。これでボカの主将が負傷するなど、大混乱となり、延期となった。
 この後、長年激しくライバル意識を燃やすチーム同士の対戦ということもあり、「ブエノスアイレスでの開催は危険」ということで、スペインはマドリッドのサンチアゴ・ベルナベウで開催という、前代未聞の決勝となった。
 試合はボカが1点先取したが、リーベルが後半に同点に追いつき、延長戦に突入。2枚目のイエローカードで1人選手が退場となったボカが数的不利になったのに乗じたリーベルは、素早い揺さぶりをかけて2点を追加。3―1でボカを振り切った。
 この夜、6万人ともいわれるリーベルのファンがブエノスアイレスのオベリスクの広場で祝勝会を行った。現地当局は2千人の警備員を配備したが、結局は、10日未明までに20人余りの逮捕者が出るという大混乱のうちに終わった。
 リーベルは12日からアラブ首長国連邦で開催されるクラブ・ワールドカップに出場する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • アルゼンチン=日系団体がオンライン会議=らぷらた報知=全ての活動9月まで停止=収入なし、経済的影響大=「高齢者が集まる場失った」2020年5月16日 アルゼンチン=日系団体がオンライン会議=らぷらた報知=全ての活動9月まで停止=収入なし、経済的影響大=「高齢者が集まる場失った」  【らぷらた報知5月14日付】第1回日系団体オンライン会議が5月2日、在亜日系団体連合会(FANA)が主催し、各日系団体の代表者が参加した。これまで日系団体では、Covid―19の症例の報告を受けていない。しかし、どの団体も「オンライン」の日本語クラスを除き、ほぼ収入が […]
  • 東西南北2020年3月18日 東西南北  新型コロナウイルスの災禍の影響は至るところで出ているが、今回、多くのブラジル人にとって重要ではあるが、ある意味で意外な分野での影響が発覚した。グローボ局のノヴェーラ(ドラマ)撮影が出来なくなったのだ。同局は、「皆が抱き合い、握手をし、キスをして、パーティーに興じ、ときには喧嘩 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]