ホーム | ブラジル国内ニュース | 《南米サッカー》リベルタドーレス杯=前代未聞の襲撃事件による決勝延期の末にマドリッド決戦を制したリーベルが優勝

《南米サッカー》リベルタドーレス杯=前代未聞の襲撃事件による決勝延期の末にマドリッド決戦を制したリーベルが優勝

勝利に喜びを爆発させるリーベル・プレートの選手たち(Diego Haliasz/Prensa River)

勝利に喜びを爆発させるリーベル・プレートの選手たち(Diego Haliasz/Prensa River)

 サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯の決勝第2試合は9日、襲撃事件のせいで15日遅れの南米大陸外での開催という異例事態の中で行われ、リーベル・プレート(アルゼンチン)がボカ・ジュニオルス(アルゼンチン)に3―1で勝利、3年ぶり4度目の優勝を飾った。10日付ブラジル国内紙が報じている。
 今大会の決勝はアルゼンチンのブエノスアイレス勢同士の対決で、11月11日に行われた第1試合が2―2で終わったため、11月24日に予定されていた第2試合の勝敗が優勝が決まるはずだった。
 だが、その試合当日にリーベルの応援団がボカの選手の乗ったバスを襲撃。これでボカの主将が負傷するなど、大混乱となり、延期となった。
 この後、長年激しくライバル意識を燃やすチーム同士の対戦ということもあり、「ブエノスアイレスでの開催は危険」ということで、スペインはマドリッドのサンチアゴ・ベルナベウで開催という、前代未聞の決勝となった。
 試合はボカが1点先取したが、リーベルが後半に同点に追いつき、延長戦に突入。2枚目のイエローカードで1人選手が退場となったボカが数的不利になったのに乗じたリーベルは、素早い揺さぶりをかけて2点を追加。3―1でボカを振り切った。
 この夜、6万人ともいわれるリーベルのファンがブエノスアイレスのオベリスクの広場で祝勝会を行った。現地当局は2千人の警備員を配備したが、結局は、10日未明までに20人余りの逮捕者が出るという大混乱のうちに終わった。
 リーベルは12日からアラブ首長国連邦で開催されるクラブ・ワールドカップに出場する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月15日 東西南北  13日に行われたリベルタドーレス杯準決勝第2試合で、サントスは本拠地の利をいかんなく発揮し、アルゼンチンの強豪ボカ・ジュニオルズに3―0で圧勝。第1試合が引き分けだったため、これで決勝に進出することが決まった。ボカはチームの功労者で昨年11月に急死したばかりのマラドーナに優勝 […]
  • 東西南北2021年1月6日 東西南北  サンパウロ市では昨年12月29日も大雨が降ったが、その日以来、行方不明になったままの人がいる。ロザーナ・アウヴェス・ダ・シウヴァ・コレイラさんはこの日、夫のルシオさん(59)の車に同乗し、夫の職場がある南部カンポ・ベロから自宅に向かっていた。だがカルロス・カデイラ・フィーリョ […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • ブラジル・アルゼンチン首脳会談=確執から遠ざかる隣国=就任1年後に和解?2020年12月2日 ブラジル・アルゼンチン首脳会談=確執から遠ざかる隣国=就任1年後に和解?  ボルソナロ大統領は11月30日、アルゼンチンのフェルナンデス大統領との初めての二国間会合をビデオ・カンファレンス形式で行った。12月1日付現地紙が報じている。  ボルソナロ、フェルナンデス両大統領は、メルコスル会議などでは顔を合わせていたが、ふたりで会談を行ったのは […]