ホーム | コラム | 樹海 | 同じ「神のヨハネ」でも…

同じ「神のヨハネ」でも…

 最近の新聞紙上を騒がせている事の一つに、世界的な心霊治療家ジョアン・デ・デウスによる性犯罪の告発がある▼ゴイアス州検察局へのメールや電話は6カ国から500件以上。18日の家宅捜索では、同氏の自宅から40万レアル余りの現金と、本物や玩具の銃6丁、銃弾が押収された。警察は性犯罪の他、資金洗浄などについても捜査する▼それにしても、肉体的、精神的、霊的な問題を抱えた人を癒すべき人が、相手の弱さにつけいり、その人生まで破壊したのだから恐ろしい。裁判所が人身保護令適用を拒否した日に行われた家宅捜索で発見された火器と多額の現金は、事件の重大さを更に見せ付けた▼性犯罪は被害者が泣き寝入りする例が多く、性的暴力後に病気が悪化した人や、妊娠し、産もうと考えてで援助を求めたら、堕胎薬を渡された人もいる。女性にとって胎の実は愛おしく、その命を奪う事は殺人に他ならない。ジョアン・デ・デウスの罪状は強姦や宗教を隠れ蓑にした詐欺などで、殺人罪が加わるかは検察の判断次第だ▼一方、彼に癒された人や、彼に心酔していた人には信じ難い告発だろう。だが、名声や地位を得た人が心すべき事は富や地位への固執と堕落だ。クリスマスの時期故、「ユダヤ人の王誕生」と聞き、地位を失うのを恐れて町中の幼子を殺させたヘロデ王の話が聖書に出ているのを思い出す。処女懐胎という信じ難い出来事を信仰故に受け止めたマリア。彼女を受け容れ、キリスト誕生まで肉体関係を持つのを避けた夫ヨセフ(ポ語はジョアン)と、自分を頼ってきた人達を貶めた心霊治療家とは、同名だが雲泥の差。被害者や家族への慰めと癒しを願いたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》女性邦人旅行者を殺害=いわく付き心霊施設敷地で=18歳の地元青年を逮捕2020年11月19日 《ブラジル》女性邦人旅行者を殺害=いわく付き心霊施設敷地で=18歳の地元青年を逮捕  ゴイアス州アバジアニア市の心霊治療施設「カーザ・デ・ドン・イナシオ・デ・ロヨラ」敷地内で女性と思われる遺体が16日に発見され、翌日17日に日本人旅行者の赤松瞳さん(43)であることが判明したとブラジルと日本のメディアが連日報道している。  性的暴行罪容疑と弱者への強 […]
  • 東西南北2020年1月22日 東西南北  昨日付本面で報じた、昨年行われた国家高等教育試験(ENEM)で採点ミスが発生した件に関連し、教育省は20日、公立大学の統一選抜システム(SISU)への申し込み期間を、従来決めていた21日~24日ではなく、2日間延ばして26日までとすると発表した。連邦政府は当初、ミス発生後もS […]
  • 《ブラジル》心霊治療家ジョアン・デ・デウスに性的暴行で有罪判決=さらに10件以上の裁判も=被害者総数は100人超す?2019年12月21日 《ブラジル》心霊治療家ジョアン・デ・デウスに性的暴行で有罪判決=さらに10件以上の裁判も=被害者総数は100人超す?  【既報関連】性的暴行容疑で起訴されていた、自称心霊治療家の“ジョアン・デ・デウス”こと、ジョアン・テイシェイラ・デ・ファリア被告が19日、ゴイアス州地裁から禁固19年の有罪判決を受けた。  今回の判決は2018年1月に裁判所が受理した起訴状に基づき、ゴイアス州アバジ […]
  • 《ブラジル》トフォリ最高裁長官の発言余波=多くの汚職裁判に既に影響=疑惑の心霊治療家にも利益2019年7月19日 《ブラジル》トフォリ最高裁長官の発言余波=多くの汚職裁判に既に影響=疑惑の心霊治療家にも利益  【既報関連】16日に最高裁のジアス・トフォリ長官が下した「司法当局の許可を得る前に、金融活動審議会(Coaf)、国税庁、中銀などの内部データを使用して行われた金融犯罪調査を全て一時停止する」との決定が、進行中だった多くの捜査や裁判に影響を及ぼし始めたと、18日付現地各 […]
  • 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍2019年2月5日 活動家サブリナさんが自殺?=宗教性犯罪暴く闘士として活躍  昨年逮捕され話題を呼んだ世界的に有名な心霊療法家のジョアン・デ・デウス氏をはじめ、宗教的な性犯罪に対する闘士として知られていた活動家のサブリナ・ビッテンコートさん(38)が2日、自殺と見られる謎の急死を遂げ、大きな話題を呼んでいる。3日付現地紙が報じている。  サブリナさん […]