ホーム | コラム | 樹海 | 「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル

「ボヘミアン・ラプソディ」とブラジル

ボヘミアン・ラプソディのポスター

ボヘミアン・ラプソディのポスター

 今、世界で「話題になっていない国はない」と思えるほど大ヒットしている映画が「ボヘミアン・ラプソディ」。英国の世界的任期ロックバンド、クイーンの伝記映画だ▼なんでも日本では、公開から5週間が過ぎても、普通、1週ごとに落ちるのが当たり前の動員が、同じかそれ以上のペースで推移するという異常事態が起き、テレビの一般のニュースでも頻繁に取り扱われるほどの「一大現象」になっているという。クイーンの伝説のヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーをコンサートでリアルタイム経験した人が、どんなに若くてももう40代後半、平均で50、60代になっていることを考えると、これはすごいこと。その世代だけで、そこまでの事態が起きるわけもなく、若い層を取り込んでのブームであろう▼日本でこのようなブームになっているのは、「世界に先駆けてクイーン人気に火がついたのが日本」というのが定説になっていて、そのことが改めて思い出されたからだと一般には見られており、大ファンのコラム子もそう見ている▼「では、ブラジルではどうか?」だが、コラム子が見る限りは盛り上がっていたように思う。日本とは異なり、「人気に火がついた」のは決して早くはなかったブラジルではあるが、クイーンはブラジルのロック産業にとって非常に重要な意味を持つバンドと言えるからだ。それを示す大きなことがふたつある。ひとつは1981年2月、サンパウロ市モルンビ・スタジアムなどを中心に行なわれた初のブラジルツアーだ。このときのクイーンの南米ツアーは、まだ欧米の人気ロック・アーティストが南米で公演を行なうことが希少だった時代に、大規模に行なわれた画期的なもので、世界的に話題となった。欧米のロック産業が南米をコンサート・マーケットとして本気に考え始めたのはこの時期だ。クイーン自身もその重要性がわかっていてか、今回の映画のサウンドトラックには、このモルンビでのコンサートの模様が一部収められている▼そして、その81年の公演の大成功が理由で実現したと言っても過言ではない、85年1月の「ロック・イン・リオ」。ブラジルで最初の国際的ロック・フェスティバルにして、軍事政権終了後のリオに、10日間の開催で連日若者たちが10万人以上も集まったという、伝説の記録が残っている。とりわけクイーンがトリで出演した2日間は、それぞれ30万人と25万人を集めたという、信じられない記録も残している▼さらに言えば、今回の映画のラストの実に21分も割いたことで最も話題を呼んだ、世紀のコンサート、「ライブエイド」の再現シーン。これもロック・イン・リオからわずか半年での出来事だ。そして「ロック・イン・リオ」でのライブも、クイーン・ファンの間では世界的にベストなもののひとつとして有名だから、やはり大きな恩恵を受けたと言える▼そういうこともあり、ブラジルでも公開して数週は全国の興行成績で1位だったし、「映画館内で観客が合唱」という、きわめてブラジルらしいことが起きたところもあった。1本あたりの公開期間が短いブラジルの映画の中では公開1カ月以上立っても、1日に3回ほどの上映もやっている▼だが、その一方で残念なことも起こっている。それは、ゲイで有名なフレディ・マーキュリーが劇中で同性愛的行為をとった際、映画館によってブーイングが起こったところがあったというのだ。折りしも今作の公開は、同性愛嫌悪者で知られる極右政治家ジャイール・ボルソナロ氏が大統領選に当選した直後。ちょっとしたボルソナロ・ブームで同氏の真似を気取った人たちの挑発的な行為だろう。ただ、クイーンを愛していることで有名な国で、フレディがゲイであることを今さら知った人が多かったとは考えにくく、それが嫌なら最初から見に行かなければいいだけのこと。そう思うとやはり情けない。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月20日 東西南北  ダッタフォーリャが19日に発表した世論調査によると、回答者の50%が、「また、新たな軍事政権が誕生するのではないか」と恐れているという。男性で軍事政権誕生を恐れる人は45%だったのに対し、女性は55%で、女性の方が高い。さらに、大統領選でボルソナロ氏を支持した人の65%は「そ […]
  • リオから大統領が生まれないその理由は?2017年12月1日 リオから大統領が生まれないその理由は?  ブラジルの政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」がサンパウロ州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「ブラジルの大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」とい […]
  • ブラジル外務省=「メキシコの壁」に強い懸念=現政権や民主社会党の位置示す=労働者党への嫌悪感で右傾の兆しある中2017年1月28日 ブラジル外務省=「メキシコの壁」に強い懸念=現政権や民主社会党の位置示す=労働者党への嫌悪感で右傾の兆しある中  アメリカのドナルド・トランプ大統領が「メキシコとの間に壁を造る」と明言したことを受け、ブラジル外務省は26日、強い懸念を示す声明を発表した。これは、今後の両国の関係やブラジルの今後の政局運営、国のあり方を考える上で重要な見解だ。  メキシコからの不法移民対策として国境に壁を […]
  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]