ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》レナンの上院議長復活に暗雲=議長選が記名式投票に=投票議員にマイナスの可能性=MDBが数の上で有利も

《ブラジル》レナンの上院議長復活に暗雲=議長選が記名式投票に=投票議員にマイナスの可能性=MDBが数の上で有利も

ハダジ氏を支援した際のレナン氏(左)(Ricardo Stuckert)

ハダジ氏を支援した際のレナン氏(左)(Ricardo Stuckert)

 19日に最高裁のマルコ・アウレーリオ判事が出した暫定令により、来年2月1日に行われる上院議長選で、レナン・カリェイロス上議(民主運動・MDB)の上院議長選での当選が危うくなったと、21日付エスタード紙が報じている。

 19日に出た「2審判決有罪者の受刑を差し止める」とのアウレーリオ判事の暫定令は全国を騒然とさせたが、同判事はそれと同時に「来年2月の上院議長の選挙を記名制とする」との命令も出していた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ