ホーム | 日系社会ニュース | 創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で

創立60周年委員会を発足=援協、12月定例役員会で

感謝プレートを贈呈された中田氏(右)

感謝プレートを贈呈された中田氏(右)

 サンパウロ日伯援護教会(与儀昭雄会長)は「12月定例役員会」を20日、援協本部ビルで開催した。
 冒頭、与儀会長は「今年は経済的に厳しい年だったが、病院も良い業績で終えることが出来た。19年も引き続き厳しい年となるが、良い年になるよう共に頑張りましょう」と挨拶した。
 議事及び報告では、19、20年の理事会ならびに特別委員会メンバーが承認された。同時に、今年度で理事を退任する中田和夫氏、与座弘氏に対して、長年の功労を称えて感謝プレートが贈呈された。
 翌年に創立60周年を迎える同会の記念式典委員会、記念誌編纂委員会が承認された。
 その後、各委員会及び各施設から報告が行われた。スザノイペランジアホームの中田和夫運営委員長は、増築された同ホームの入居者数目標を45人としていたが、今月末迄に達成される見通しであることを発表。
 「6年間務めを果たしてこられたのは、皆様の支援のお陰」と謝意を述べ、来年3月に25周年を迎えるダリア祭りに引き続きの支援を要請した。1月からは、藤村隆次氏が同ホーム運営委員長となる。
 会計報告では、友好病院を除く11月度決算は、125万3678レの赤字を計上。友好病院を含んだ全体では、667万446レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認2019年1月30日 援協が新体制で1月定例会=創立60周年キャンペーン承認  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は「1月定例役員会」を24日、援協本部ビルで開催した。19、20年の新執行部が発足してから初の役員会となった。  議事及び報告では、日伯福祉援護協会の定款改訂、ならびに、援協創立60周年記念キャンペーンの実施が承認された。   […]
  • 「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ2018年9月27日 「こどものその」が還暦祝う=60周年祝賀会に約400人=日本からも祝いに駆けつけ  社会福祉法人「こどものその」(頃末アンドレ理事長)が1958年9月1日の同園の発足から60周年を迎え、先亡者追悼法要と創立60周年祝賀会を同施設で行った。日本から出席した学校法人大乗淑徳学園理事長、浄土宗大巌寺住職の長谷川匡俊師、淑徳大学総合福祉学部の米村美奈教授、社 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]