ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》病院前で主人を待つ犬6匹=路上生活者との愛の絆実証

《ブラジル》病院前で主人を待つ犬6匹=路上生活者との愛の絆実証

病院の前でルイス氏を待つ6匹の犬達(4日付G1サイトの記事の一部)

病院の前でルイス氏を待つ6匹の犬達(4日付G1サイトの記事の一部)

 パラナ州シアノルテ市で2日、路上生活社のルイス氏が脳血管障害を起こし、病院に運び込まれたが、同氏の飼い犬6匹が、病院の前で寝ずの番をして、市民らを感服させた。
 ルイス氏が病院に運ばれるのを見た犬達は、救急車の後を追って病院まで来たが、主人が出てこないため、皆が病院の入り口で一夜を明かした。
 同市の非政府団体、アミーゴス・デ・パッタスのボランティア、シモーネ・ジリアネ氏によると、犬達は皆、主人を案じて待っていたが、3日の朝、退院許可を得たルイス氏は、兄弟に連れられて別の扉から出たために、犬達は同氏が去った事に気づかず、待ち続けていたという。
 犬達は、アミーゴス・デ・パッタスのボランティアがルイス氏の兄弟の家まで行き、同氏を連れてくるまで、ずっと待ち続けていたが、ルイス氏の顔を見て、やっと、病院の前から立ち去ったという。
 シモーネ氏によると、ルイス氏は20年以上路上生活を送っており、6匹の犬は家族同然だという。また、犬も一緒に住めるよう、庭付きのシンプルな家を提供されたり、兄弟と住むよう勧められたりしても、自分が住む場所は路上だと言って、これらの家には住み着かなかったという。
 また、犬の方も、犬を専門に預かる施設に連れて行かれても、塀を飛び越えて、ルイス氏の許に戻っていき、施設には留まらなかったという。
 ルイス氏がボランティアの助けを借りて食べたり、シャワーを浴びたりする間、犬達は餌をもらい、ルイス氏の用件が片付くまで待っているともいう。犬達は予防接種もきちんと受けており、避妊のための措置なども全て済ませてあるという。
 ルイス氏は3日こそ兄弟の家に留まったが、4日には、犬を連れてシアノルテ市の広場に移動したという。(4日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く2019年3月8日 ベネズエラがドイツ大使を追放=ブラジルとの国境封鎖も続く  【既報関連】ベネズエラのマドゥーロ大統領が6日、内政に度々干渉したとの理由で在ベネズエラのドイツ大使を「好ましからざる人物」に指定し、国外追放すると発表したと、6、7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  48時間以内の国外退去を命じられたのはマルティン・クライナー […]
  • 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ2019年3月1日 《ブラジル》熱心な左派支持のベテラン俳優が大統領宣言=政界へ皮肉込めたパロディ      2月25日、ブラジルのベテラン俳優、ジョゼ・デ・アブレウ(72)が自身のツイッター上で突如、大統領就任宣言を行った。  本人曰く、「これは、1月にベネズエラで大統領宣言を行った「フアン・グアイド議長に触発された」とのこと。グアイド氏の […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷2019年3月1日 リオ市北部=2台の電車が衝突事故=1人が死亡、8人が重軽傷  2月27日朝、リオ市北部で2台の電車の衝突事故が起き、1人が死亡、8人が重軽傷を負った。2月28日付現地紙が報じている。  事故が起きたのは2月27日午前6時30分頃で、リオ市北部を走る路線「スーペルヴィア」のサンクリストヴァン駅に停車していた電車に、デオドーロ方面 […]
  • 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加2019年3月1日 《ブラジル》暴力事件=18年の犠牲者は13%減=ただし、女性殺人は増加  サンパウロ総合大学暴力研究センターやブラジル治安フォーラム(FBSP)などのデータによると、18年は暴力に起因する死者が、統計開始以来最大の前年比13%減を記録したと2月27日付G1サイトが報じた。  統計によると、殺人、強盗殺人、傷害致死事件は、07年の4万462 […]