ホーム | 日系社会ニュース | ホンダ、二輪史料館を設立=58種展示、インダイアツーバで

ホンダ、二輪史料館を設立=58種展示、インダイアツーバで

 ホンダ自動車は、二輪愛好家向けにホンダ二輪史料館「ホンダ・ファンクラブ」を、聖州インダイアツーバ市の同社交通教育センター(Alameda Comendador Dr. Santoro Mirone, 1460)内に設立し、今月5日から一般公開している。
 同社のサイトによれば、この史料館は13年に社内向けに設立されていたが、その後も展示される新車種が増え続けたことから、一般向けに公開されることになった。展示室には、1976年のCG125クラシックから最新車種まで58種が展示される。
 同センターのレオナウド・アウメイダ支配人は「ブラジルにおいて、ホンダは47年間事業を展開してきたが、その間に、様々な車種を開発して一時代を築き、それは数百万国民の生活の一部となってきた」と振返り、「より多くの人々に我々の史料館を知って頂く機会を提供できれば」と期待を込めた。
 なお、開館は毎週土曜日のみ。午前9時から午後5時まで。問合せは、同センター(19・3198・2615)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ホンダ社は交通安全強化のために、交通教育センターを聖州インダイアツーバのほか、ペルナンブッコ州レシフェ、アマゾナス州マナウスにも設立している。そこでは、交通安全に関係する様々な訓練や講演などを行っており、参加者はこれまでに26万人以上にものぼる。二輪専門サイト「MOTOX」に拠れば、アマゾニア・モト・ホンダ社のアレシャンドレ・クリー取締役は、「ホンダは二輪自動車、自転車のみならず、歩行者にとってより安全な環境を作るためには、教育が重要な鍵であると考えてきた。そのため、継続的に我々の製品の安全技術に投資してきただけでなく、毎年、訓練や啓蒙活動に取組んできた」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで2019年4月12日 沖縄県南城市の県費留学生=募集は今月30日まで  沖縄県南城市の出身者・子弟によるブラジル南城市民会(嶺井健三イヴェス会長)が本年度の県費留学生を募集している。募集は今月30日まで。  研修概要は、研修生が専攻する技術の研修や、日本語研修など。期間は今年10月上旬から来年1月上旬までを予定している。  同市(旧佐敷町・旧 […]
  • 支店を移転、嬉しい悲鳴=パステラリア・ヨコヤマ=人気の秘密は「油の温度、厚さ」2018年11月15日 支店を移転、嬉しい悲鳴=パステラリア・ヨコヤマ=人気の秘密は「油の温度、厚さ」  外国に暮らすブラジル人にとって、一番懐かしい「ふるさとの味」パステル。そして、なぜかフェイラのその屋台は日系人が大半だ。そんな青空市とは一味違う専門店を1967年に創業し、今も有名店であり続ける「パステラリア・ヨコヤマ」。創業から今年で51年目を迎えた今月上旬、支店を […]
  • JH=「シュラスコに日本酒を」=大和川酒造店が日本酒講演=約130人が酔いしれる2019年5月11日 JH=「シュラスコに日本酒を」=大和川酒造店が日本酒講演=約130人が酔いしれる  「日本酒はどんな料理にも合う。塩気が強い料理にも負けない味なんですよ」―約230年前から続く老舗・大和川酒造店の佐藤和典取締役社長(61、福島県)がそう力説すると、参加者らは確かめるように口に運んだ。ジャパン・ハウス(マルセロ・マトア・アラウージョ館長、以下JH)主催 […]
  • 屋台祭り、800人が来場!=セットは400食分の予約2019年5月11日 屋台祭り、800人が来場!=セットは400食分の予約  愛知、大分、長野、滋賀、和歌山、奈良の6県人会と笠戸丸協会が共催する「第25回屋台祭り」が5日に聖市リベルダーデ区の愛知県人会館で開催された。家族連れの客等で賑わい、約800人が来場する大盛況となった。  「入りたいという県人会もたくさんある」と話すのは、会場を提供 […]
  • 聖市=ACALがコバス市長顕彰=リベルダーデ広場改名の功で=「団結して模範的地区に」2019年5月10日 聖市=ACALがコバス市長顕彰=リベルダーデ広場改名の功で=「団結して模範的地区に」  「ブラジル、そしてサンパウロ市は、日系社会の支援のおかげで今日の発展がある」――ブルーノ・コバス聖市長は4月24日、リベルダーデ文化福祉協会(ACAL、池崎博文会長)主催の晩餐会に参加し、そう日系社会に敬意を表した。戦後“日本人街”として発展してきた聖市リベルダーデ区 […]