ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》GMへの税優遇措置を検討=「工場が州に残り、雇用が保たれる事が優先」と州局長

《サンパウロ州》GMへの税優遇措置を検討=「工場が州に残り、雇用が保たれる事が優先」と州局長

 ゼネラル・モーター社(ブラジルでのブランドはシボレー)がブラジル撤退をほのめかしており、州内3市に同社の工場があるサンパウロ州では、州内全ての自動車会社に、商品流通サービス税(ICMS、州税)を通しての税制優遇措置の適用を検討している。
 この措置は、ブラジル国内各州の間に企業誘致目的での税制優遇の競争を誘発しかねないとある専門家は危惧する。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ