ホーム | ブラジル国内ニュース | PSL=アントニオ観光相に疑惑=ミナス州支部長時代に横領?=当選候補4人の選挙資金を

PSL=アントニオ観光相に疑惑=ミナス州支部長時代に横領?=当選候補4人の選挙資金を

アントニオ観光相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

アントニオ観光相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 現観光相マルセロ・アルヴァロ・アントニオ氏は昨年10月の選挙の際、社会自由党(PSL)のミナス・ジェライス州支部長として、同党候補者に政党支援金から支給された選挙費用を、側近や親族企業に横流しさせていた疑惑が発覚したと4、5日付フォーリャ紙が報じている。
 アントニオ氏は2010年に下議に初当選。3期目を狙った昨年10月には、同州で最多得票を獲得して再選していた。現行制度では、党ごとに得票が集計され、議席が割り当てられるので、一人大量得票者がいれば、残りの泡沫候補を数人巻き添えに当選させられる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ