ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「1カ月有給や、年末ボーナスまでは削らないけど…」と経済相が発言=年金改革後の労働法再改正に意欲見せる

《ブラジル》「1カ月有給や、年末ボーナスまでは削らないけど…」と経済相が発言=年金改革後の労働法再改正に意欲見せる

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

パウロ・ゲデス経済相(Valter Campanato/Ag. Brasil)

 パウロ・ゲデス経済相は7日、「年金改革の次は、有給休暇や13カ月給を削る気では?」と問われ、「それらの権利を労働者から奪ったりはしないが、新たな労働形態、雇用形態を制定することを考えている」と答えたと、8日付現地紙が報じた。
 現在ブラジルでは、青い表紙の労働手帳が使われている。だが、経済相は、雇用者側が労働者に対して果たす義務の少ない雇用形態を作り、そうした契約には緑や黄色の表紙の労働手帳を使用するつもりだという。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ