ホーム | ブラジル国内ニュース | ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手

■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手

 ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。
 ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。
 当初は靴職人や菓子販売人などをして歌手になることを夢見た末、1971年、「アレビータ」でデビューすると、ポルトガル民謡調の曲調がブラジルで新鮮に受け止められ、当時の人気司会者、シャクリーナの番組に呼ばれるなどして知名度をあげた。
 ロベルトはその後も順調に歌手のキャリアを積み上げていき、1978年にはミュージカル映画「ミラグレ―オ・ポデール・ダ・フェー」で主演もつとめた。
 フォフォーやバラードなどを得意としてきた彼だが、2007年に発表したアルバム「カント・ダ・テラ・エ・ライゼス」はポルトガル音楽に特化した内容で、祖国のポルトガルでも高い評価を受けた。
 明るいキャラクターで、お笑い番組や子供向け番組の出演も多かった。
 ここ3年間はメラノーマのために闘病していたが、最近では腫瘍が肝臓にまで達していたという。(ウィキペディアなどより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま2019年5月1日 SPFW=モデルがファッション・ショー中に急死=キャットウォークでふらつき意識不明のまま  4月27日、サンパウロで行われていた「サンパウロ・ファッション・ウィーク(SPFW)」のファッション・ショーの最中に、モデルを務めていた男性が突然倒れ、そのまま帰らぬ人となる事態が発生。ブラジル・ファッション界に衝撃を与えている。  亡くなったのは「タレス・コッタ」の名で知 […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす2019年4月10日 《サンパウロ州》ドニゼッティ司祭が福者に 少年の足を手術をせずに直す奇跡起こす  6日、ローマ法王は、サンパウロ州タンバウーの聖職者だったドニゼッティ・タヴァレス・デ・リマ司祭(1882年~1961年)を、福者に認定した。  この知らせは7日、タンバウーのノッサ・セニョーラ・アパレシーダ聖堂で行われたミサで公にされた。  ドニゼッティ司祭を福者 […]
  • 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う2019年4月6日 第41回聖州相撲選手権大会=4部門で約150人が競い合う  ブラジル相撲連盟(土屋守雄オスカル会長)主催の「第41回聖州相撲選手権大会」が、先月24日、聖市ボン・レチーロ区の常設土俵場で行なわれた。  今回、初めて成年部門を加えた同大会。会場には幼年から成年まで4部門に参加する男女合わせた約150人の力士が集い、互いの実 […]
  • 《ブラジル》建設11社に5億レアル超の罰金=地下鉄建設めぐる不正で2019年7月11日 《ブラジル》建設11社に5億レアル超の罰金=地下鉄建設めぐる不正で  ブラジルの経済防衛行政審議会(CADE)は8日、1998年から2013年にかけて、サンパウロ州、連邦直轄区、ミナス州、リオ・グランデ・ド・スル州で行われた地下鉄建設でカルテルを形成、工費の過剰請求を行ったとして、11法人と42人の個人に、総計5億3511万レアルの罰金 […]