ホーム | ブラジル国内ニュース | リオ病院火災=出火は地下の発電機から=16日から事情聴取始まる

リオ病院火災=出火は地下の発電機から=16日から事情聴取始まる

消火にあたる消防隊員(Fernando Frazao/Ag. Brasil)

 【既報関連】12日にリオ市北部のマラカナン競技場に程近い私立バジン病院で火事が発生し、高齢の入院患者計11人が死亡した事故で、警察の鑑識が火事は発電機の置かれていた地下から発生したと結論付けた。14日付現地各紙・サイトが報じた。
 発生翌日から「発電機のショートが原因では」との推測が流れていたが、焼け残った部品を取り出して調べるまでは、正確な原因は不明と警察は発表。部品はリオ市警の施設で調べられる。
 亡くなったのは、マリア・ダ・コスタさん(75)、ルジア・メロさん(88)、ヴィルジリオ・ダ・シウヴァさん(66)、アナ・ド・ナシメントさん(95)、イレーネ・フレイタスさん(83)、ベルタ・ソウザさん(93)、マルレーニ・フラガさん(85)、ダルシー・ジアスさん(88)、アライデ・バルビエリさん(96)、ジョゼ・アンドラーデさん(79)、イボーネ・ナタレッリさん(75)だ。 
 「発電機から発火したことは分かっている。出火原因を突き止めるために、機械の修繕状況などを詳細に調べる」と語ったのは担当警部のロベルト・ラモス氏で、「責任の所在はまだ判明しておらず、証言を集めることが必要」としている。
 同警部は、「捜査開始当初は鑑識をより効果的な方法で行うことに心を砕いた。週明け16日からは、全ての関係者から事情聴取を行う」とも語っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 歩こう友の会=デイキャンプと温泉旅行2008年8月29日 歩こう友の会=デイキャンプと温泉旅行 ニッケイ新聞 2008年8月29日付け  リベルダーデ歩こう友の会は九月二十一日にマウア市へのデイキャンプ、十月十七~十九日にウバタン温泉(ミナス州ウベラーバ)への旅行を実施する。 […]
  • 《サンパウロ州》麻疹患者が1万人超える=予防接種実施率も目標に届かず2019年11月1日 《サンパウロ州》麻疹患者が1万人超える=予防接種実施率も目標に届かず  サンパウロ州保健局が10月30日、同州内の麻疹(はしか)の患者が1万620人に達したと発表した。同州では麻疹により、13人が死亡している。  保健局によると、患者の内、8189人は血液検査によって感染が確認されており、残りの2431人は診察した医師が病理学的に診て感 […]
  • 「安価な電力」に終止符=原発建設でコスト上昇=消費者への価格転嫁必至2007年7月3日 「安価な電力」に終止符=原発建設でコスト上昇=消費者への価格転嫁必至 2007年7月3日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙一日】国家エネルギー審議会が先週、原子力発電所アングラ3号の工事再開を決定したことを受けて、ブラジルはこれまでの潤沢豊富かつ安価な電力供給の時代に終止符を打つことになる。 […]
  • ■訃報■吉田智子さん2019年6月25日 ■訃報■吉田智子さん  サンパウロ市の三和学院サンパウロ校の日英語教師・吉田智子(のりこ)さんが、18日午後9時、癌のため亡くなった。享年54。吉田さんは鳥取県出身で、教師をする傍ら、ピアノも嗜み、音楽発表会では語学力を活かし通訳も行っていた。通夜と葬儀は既に行われ、初七日、四十九日法要の予定は不明 […]
  • 岡村中将が講演会=邦画も上映、広島で2017年3月8日 岡村中将が講演会=邦画も上映、広島で  ブラジル広島文化センター(平崎靖之会長)は陸軍情報通信システム部隊司令官の岡村アンジェロ中将を招き「陸軍の現状と情報通信システム部隊」をテーマとした講演会を行なう。15日午後7時から広島県人会会館(Rua Tamandare, […]