ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8日のブラジルメディアのニュースは、本頁でも報じたフラメンゴの養成所での火事が独占したが、「さもありなん」というところだ。ブラジルの場合、サッカー選手は一番の「夢の職業」であり、しかも、国内で最も人気あるチームの養成所となれば、全国から精鋭中の精鋭が集められる場所だ。日本で言うなら、さしずめ「全国の中学から特待生を求める高校野球強豪校」や、ジャニーズのようなアイドル養成所のイメージに近く、「家族ぐるみの悲願」の印象すらある。そんな夢を持った少年の命が10人も一気に奪われたのだから、強い同情が沸くのも無理はない。しかも育成に定評のあったフラメンゴで…。今後に影響がなければ良いが。
     ◎
 人工肛門取り外しの手術以降、体調が一進一退を繰り返し、なかなかすんなりと退院できないボルソナロ大統領だが、6日夜には再び発熱。肺炎の症状があると診断された。こうした状況だと、報道もネガティヴになりがちだが、本人もそれを気にしてか。ネットでは「大丈夫だからあまり気にするな」とのメッセージを送っている。8日には、ようやく口からの食事が許可されて、うれしそうに食事をする写真も紹介していたが、果たして退院はいつ?
     ◎
 先週までの記録的な暑さから一転、今週は気温が10度近く落ち込むなど涼しかったサンパウロ市。予報だと、今日から最高気温はまた30度以上に上がり、再び暑い日が続くことになるという。12日頃には次の寒冷前線が北上し、強い雨と同時に、気温が再び今週のような状態になるとか。夏らしいといえばらしいのだが、体調管理が大変。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手2018年11月7日 サンパウロFC=次期大統領めぐり見解真っ二つ=嘆くかつての名選手と、喜ぶ現役選手  極右のジャイール・ボルソナロ氏が大統領選に当選したことは、ブラジル社会を二分する出来事になっているが、それはサッカーの名門、サンパウロFCでも同様だ。  サンパウロFCが全盛期だった90年代前半の立役者で、94年W杯のブラジル代表(セレソン)優勝メンバー、現在はサン […]
  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]