ホーム | 日系社会ニュース | 松林氏『ある日本移民の歴史』刊行=亡父の渡伯百年記念で日記翻訳

松林氏『ある日本移民の歴史』刊行=亡父の渡伯百年記念で日記翻訳

案内に訪れた忍さん(右)とその妻・文江さん

案内に訪れた忍さん(右)とその妻・文江さん

 「曽祖父が何処から来たのか、そのルーツを知りたい」――こうした孫の強い要望を受けて、松林忍さん(85、二世)は『ある日本移民の歴史』(全260項、ポ語)を上梓した。
 これは父・米治さんが、1930年~60年までに書いた10冊の日記を翻訳したもの。15年から翻訳作業をはじめ、米治さんの渡伯百周年祭を祝した昨年7月に合わせて、刊行された。
 忍さんは「父は長男で、東京専門学校(早稲田大学の前身)を卒業したお坊ちゃん。暢気な人だった」と亡父を偲び、「日記のなかにもそれが分かる詩が出てきた。三度の飯よりは、本や新聞を読みたいという人だったから」と目を細めた。
 1930年4月25日の手記には《年ごとに子は殖えども苦しさは日々に増すなり責わ 数多有る子達育しみて無精なる吾に妻の苦や多からめ 無精なる吾と知りつつその無精改め得ざる弱き吾かな》とその心情が綴られている。
 忍さんは「父がこんな調子なので母は苦労しましたよ」とくすりと笑い、「急ぎで刊行したので抜けや洩れもあった。更正して第二版を刊行するつもり」と見通した。なお、本書は、文協図書館でも閲覧できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会2019年2月22日 新年会に150人集まる=南大河州の鹿児島県人会  第39回南大河州鹿児島県人会の新年会がイボチで1月19日(日)に開かれ、約150人が集まり、盛大に祝いました。  新会長の笹田ルイスさんは、「20人の役員のおかげで毎年この会が開ける」と謝辞を述べました。  ポルトアレグレの近藤領事事務所長と、ブラジル鹿児島県人会 […]