ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 大サンパウロ市圏グアルーリョスの州立校で、教室の壁にストリート・アートの「グラフィティ」の壁が登場して話題となっている。その学校はパルケ・ジュレーマ州立校で、そのアートで今回描かれているのは「ブラジルを代表する偉人」だ。そこでは16人が選ばれ、小説家のクラリセ・リスペクトルや詩人のカルロス・ドラムンド・デ・アンドラーデ、F1レーサーのアイルトン・セナや女子サッカー選手のマルタなどが選ばれている。同校は州から得た5千レアルを使って、250のスプレー缶を使って作成したという。これでアートや書かれた偉人に興味を示す生徒も増え評判は上々とか。他の学校に広がっていくかも。
     ◎
 12日に墜落死したニュースキャスターのリカルド・ボエシャ氏を乗せたヘリコプターを運営していたRQ空輸専門サービスが事業停止の処分を受けた。処分の期間は未定。墜落事故の直前、カンピーナスの最寄り空港で整備を受けた際、「オイルに微細な鉄片の混入があるから飛ばないように」との警告を受けていた事実も13日に報道された。同社はこれまでに事故を3度起こしているが、今までに亡くなった人はいなかったという。再発防止の準備がしっかりできてから事業再開してほしいもの。
     ◎
 13日のリベベルタドーレス杯、サンパウロは本拠地モルンビでのタジェレス(アルゼンチン)戦で0―0の引き分け。先週の第1戦では0―2で負けていたため、早すぎる敗退となった。これで13年以降、サンパウロがホームアンドアウェイ方式の第2戦をホームで戦って、敗戦が決まったのは7回目。「地元が苦手」のジンクスが生まれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で2021年6月1日 《ブラジル》コパ・アメリカ開催地に急きょ決定=コロンビア、アルゼンチンが中止で  南米サッカー連盟(CONMEBOL)が5月30日、6月に開催予定のコパ・アメリカの開催予定地だったアルゼンチンでの開催をコロナ禍を理由にキャンセル。翌日には一転し、ブラジルでの開催を発表した。5月31日付現地サイトが報じている。  CONMEBOLは5月30日の夜1 […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 東西南北2021年5月28日 東西南北  連邦政府文化局のマリオ・フリアス文化局長が、文化局内を銃を持って歩いていると報じられている。その銃は本人名義で登録した9ミリ口径のもので、それをベルトの脇に見えるようにして歩いているという。さらに、そういう状況の中で同氏が部下や下請け業者の人に向かって叫ぶ姿も見られており、文 […]