ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化

《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化

デング熱を媒介する、ネッタイシマ蚊(参考画像・Muhammad Mahdi Karim)

デング熱を媒介する、ネッタイシマ蚊(参考画像・Muhammad Mahdi Karim)

 1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。
 蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付アクレ州官報に載った緊急事態宣言には、デング熱、チクングニア熱、ジカ熱のウイルス拡散を阻止する対抗措置が書かれた。
 リオ・ブランコ市の正式発表では、今年最初の4週間で1116件のデング熱の疑われる症例が出ている。この数字は昨年比3・6倍だ。
 緊急事態宣言により、ネッタイシマ蚊の繁殖を食い止めるための人員と設備を増強する権利がリオ・ブランコ市に与えられた。
 ソコーロ・ネリ市長は伝染病拡散防止のため市の保健関係職員に、住民と協力して蚊の繁殖を防ぐ活動を強化する事を命令。職員たちには、蚊の大量発生が起きていないか、空き地や空き家に立ち入って検査する権利が認められた。
 同市のオテニエル・アルメイダ保健局長は、市内97の地域でデング熱の疑われる症例が発生していることを認めた。
 同局長は、「緊急事態宣言発令により、蚊の繁殖抑制活動がより強化される」と語り、具体例として、保健職員や陸軍の一般家庭訪問、ゴミ堆積地帯の集中清掃、蚊の繁殖を抑えるための基礎知識の啓発強化などをあげた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》怖いのはコロナばかりではない!=雨季に危険な蚊媒介感染症2020年12月22日 《ブラジル》怖いのはコロナばかりではない!=雨季に危険な蚊媒介感染症  雨季である夏には、デング熱やチクングニア熱といった蚊が媒介する風土病が毎年増える。今年は新型コロナウイルスの感染拡大と再拡大が話題を独占しているが、例年なら、ネッタイシマカ(Aedes […]
  • 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近2020年9月9日 《ブラジル》コロナの感染検査より容易に=携帯型の検査器、承認間近  新型コロナウイルスの感染拡大抑制のために不可欠とされたPCR検査が、より簡便化される可能性が出てきた。  オズワルド・クルス財団とVisuri社が共同開発した携帯型検査器が、国家衛生監督庁(Anvisa)の承認を待つばかりになったのだ。  携帯型検査器はOmniL […]
  • サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に2020年2月13日 サンパウロ州=デング熱で早くも死者=患者数は昨年同月の半分に  サンパウロ州保健局が8日、1月に感染が確認されたデング熱患者は1万890人おり、死者も2人出たと発表した。  死者が出たのは、内陸部のプレジデンテ・ヴェンセスラウ市とオズワルド・クルス市だ。  1月に感染が確認された患者の40%以上は、10市に集中している。内訳は […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]