ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日、米国で中間選挙が行われ、上院は共和党が過半数を保ったが、下院は民主党が8年ぶりに過半数を獲得した。今回の選挙は、トランプ大統領がボルソナロ氏と比較されることが多い人であるがゆえ、ブラジル在住者としても気になるところ。そこまで「変革」を感じさせるものでもなかったが、これまでのような「共和党圧倒優位」というわけでもなくなった意味ではやはり大きい。トランプ氏へのあてつけであるかのように、今回の民主党の当選下議に女性や先住民、イスラム教徒、同性愛者などが多かったことも気になる点だ。ブラジルだと大統領選の2年後は全国市長選にあたるが、ブラジルでも似たような影響があるかも。
     ◎
 先日付本面で、ジョアン・ドリア次期サンパウロ州知事がジルベルト・カサビ元サンパウロ市市長を州の局長に選んだことを報じたが、6日はさらに、ロッシエリ・ソアレス・ダ・シウヴァ現教育相を教育局長に、セルジオ・サー・レイトン現文化相を文化局長に指名。これで、現科学技術相のカサビ氏を含め、現テメル政権の閣僚を3人指名したことになる。ドリア氏は以前、テメル氏と接触し、同氏の民主運動からの大統領選出馬も噂されたが、好みが似ているのか?
     ◎
 5日、サンパウロ市西部リオ・ペケーノで、10月2日から行方不明になっていたマルシア・マルチンス・ミランダさん(41)の遺体が埋葬されていたのが見つかった。市警は彼女の義父と義母を殺害容疑で逮捕した。調べによると、この夫婦の息子はマルシアさんと離婚調停中で、夫婦は孫を自分の子供として育てたいと望んでいたという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年2月2日 東西南北  ここのところ、ボルソナロ大統領や同大統領が抜擢した大臣たちと異なる見解を語って話題となっているアミウトン・モウロン副大統領が、グローボ紙への取材で「あくまでも政府でなく自分の意見」としながらも、「中絶は女性の権利だ」と語っていたことが明らかになった。この言動をめぐり、熱心なボ […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]