ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル社会保障改革問題》大統領、議会に改正案提出=平等負担を国民に呼びかけ=軍、公務員の特権も削減へ=問題残る政治的な交渉力

《ブラジル社会保障改革問題》大統領、議会に改正案提出=平等負担を国民に呼びかけ=軍、公務員の特権も削減へ=問題残る政治的な交渉力

社会保障制度改革憲法改正案を下院議長に提出するボウソナロ大統領(Luis Macedo/連邦下院)

社会保障制度改革憲法改正案を下院議長に提出するボウソナロ大統領(Luis Macedo/連邦下院)

 ボウソナロ大統領(社会自由党・PSL)は20日、社会保障制度の改革を目的とした憲法改正案をロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)に提出したと、21日付伯字各紙が報じた。ブラジル・メディアからは「広範に網羅している」、「特権的待遇の削減など必要な点を押さえている」、「予想よりも尖った提案」との評価もあったが、問題は今後の政治交渉力となりそうだ。

 年金受給開始年齢は男性65歳、女性62歳とし、受給に最低限必要なINSS負担期間を15年から20年へと延長、給与に応じて年金負担率を上げる、満額受給のためには40年負担など、事前から漏れていた内容が、予想以上に変更されずに出てきた格好だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ