ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》確定申告=プログラムは既に準備完了=扶養者の納税者番号必須に

《ブラジル》確定申告=プログラムは既に準備完了=扶養者の納税者番号必須に

 ブラジル国税庁が確定申告に関する基準を発表し、25日からは申告用のプログラムのダウンロードも可能となった。
 25日付の伯字紙、サイトなどによると、今年の申告期間は3月7日から4月30日までで、例年より若干短い。
 だが、申告を行わなければならない人や納入すべき税額は昨年度を上回る可能性が強い。というのは、給与はインフレに応じて調整されるのに、申告が免除される給与額の上限(年間2万8559・70レアル)や税率を定めた収入の枠が、昨年と同じだからだ。
 例えば、17年の給与収入が2万8559・70レアルだった人がインフレ調整を受ければ、18年の収入は2万9630・69レアルとなり、確定申告が必要となる。
 また、非課税収入の合計額や、源泉徴収されている収入の合計額が4万レアルを超える人、18年に得た資産や権利の合計額が30万レアルを超える人、年収が14万2千レアルを超えた農業従事者などは申告が必要。18年に伯国に定住し始めた外国人も、申告が義務付けられている。
 確定申告のフォーマットは、国税庁の公式サイトか、Meu Imposto de Rendaというアプリからダウンロード出来る。
 期日までに確定申告をしそこなうと、最低で165・74レアル、最大だと納税額の20%の罰金が科せられる。また、税金が戻る場合は申告順でもあり、事前に書類を用意し、早めに申告した方がよい。昨年の確定申告者は2970万人だったが、今年は80万人増の3050万人になると見られている。
 なお、今年からは、確定申告時に扶養家族全員の納税者番号(CPF)を記載する必要があるので、納税者番号を持っていない子供がいる人は、子供の出生証明書か身分証明書(RG)と自分のRG(外国人の場合はRNE)を持って、ブラジル銀行か連邦貯蓄銀行、郵便局で取得手続きを行う必要もある。
 納税者番号取得経費は7・5レアルで、扶養家族一人当たりの控除額は2275・09レアルまでとなっている。扶養家族がいるのに、納税者番号がないために届け出なかった場合は、保健プランの経費や学校関係の経費を控除出来なくなるので、注意が必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か2019年3月9日 サンパウロ市=元軍警が4発の銃弾受け死亡=過去の事件に絡む粛清か  7日午前、サンパウロ市市役所とSPトランスのマーク入りのシールを貼った車で走行中の元軍警が銃弾4発を浴びて死亡する事件が起きた。7日付現地紙が報じている。  亡くなったのはジウソン・テラ氏で、7日午前11時20分頃、サンパウロ市東部サンマテウスを市役所のシールを貼った車で走 […]
  • 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増2019年3月8日 《ブラジル》アマゾナス州=H1N1で17人死亡=予防用の薬剤探す人も急増  アマゾナス州では、H1N1ウイルスによるA型インフルエンザが例年より早く流行し、少なくとも17人が死亡。消毒用のアルコールやビタミンC剤など、予防用の薬剤を買い求める人も急増中と6日付G1サイトが報じた。  同州健康監視財団(FVS)によると、同州で確認された重症のインフル […]
  • 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し2019年3月8日 欧州で入国拒否のブラジル人急増=18年は17年の6割増し  欧州連合(EU)内の国境管理を行うFrontexが6日、18年にEU諸国への入国を拒否されたブラジル人は4984人で、3086人だった17年より61・5%増えたと発表したと7日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  この数字は、世界で7番目に多い。入国を拒否された人がブラジル […]
  • 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?2019年3月7日 《ブラジル》連続する女性殺人未遂事件=夫や元恋人が嫉妬に狂う?  エスピリトサント州南部ドーレス・ド・リオ・プレットで4日未明、夫に車で連れ出された36歳の女性が、顔が腫れ上がるほど殴られた後、街道脇に投げ出され、兄弟らによって発見されるという事件が起きた。  5日付G1サイト(6日にも更新済み)によると、ジャーネ・ケルビン氏はミナス州在 […]
  • 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術2019年3月7日 27週で出産の妊婦が死亡=夫に腹部を蹴られて緊急手術  5日未明、リオ州南部のバラ・マンサ市の病院で、妊娠27週の女性が暴行を受けて運び込まれ、緊急手術を受けたが、出産後に死亡する事件が起きた。  死亡したマリア・エジジャーネ・デ・リマさん(35)は、4日午後、膣からの出血を起こした状態で病院に運び込まれた。リマさんの体には、暴 […]