ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ジニ係数が16四半期連続で増大=格差是正は雇用の活性化が鍵

《ブラジル》ジニ係数が16四半期連続で増大=格差是正は雇用の活性化が鍵

所得格差是正のためにも、労働市場の活性化が望まれる。(参考画像・Marcello Casal Jr./Ag. Brasil)

所得格差是正のためにも、労働市場の活性化が望まれる。(参考画像・Marcello Casal Jr./Ag. Brasil)

 ジェツーリオ・ヴァルガス財団(FGV)のブラジル経済研究所(Ibre)が、2018年第4四半期の一人当たりの世帯所得のジニ係数は0・6259だったと発表したと、26日付現地紙が報じた。
 ジニ係数は所得格差を測る指数だ。この指数は0~1で表され、1に近いほど格差は大きい。
 昨年第4四半期の結果(0・6259)は、第3四半期の0・6156より0・0103ポイント増え、16四半期連続の前期比増となった。
 ジニ係数の計測は、地理統計院(IBGE)が全国家庭サンプル調査(Pnad)を始めた2012年第1四半期から始まった。
 Ibre所属調査員のダニエル・ドゥッケ氏によると、ジニ係数の増大(=所得格差拡大)の背景には、学歴や希少性のある技能を持たない労働者が収入を上げる事が困難な実情と、法定最低賃金の調整幅が小さいことがあると指摘する。
 投資顧問会社テンデンシアス社のアナリスト、チアゴ・シャヴィエル氏は、「所得格差を減らすためには、労働市場の活性化が必要だ。正規雇用を増やし、平均給与が高く、フルタイムの職に就く人を増やさなくてはいけない」と語る。
 ブラジル紙は、元銀行員の男性と、販売員や美容師として働いていた女性が共同でジュースの屋台を営業している様子を紹介。女性は「今は職を見つけるのが大変」とし、男性は「涼しくなったら売り上げが心配」と語る。利益は月4~5千レアル(12~15万円相当)程度で、それを2人で分けているという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》除草薬が子供達の命を奪う=最も一般的なグリホサート2021年6月1日 《ブラジル》除草薬が子供達の命を奪う=最も一般的なグリホサート  ブラジルで最も一般的な除草剤のグリホサートが多くの子供の命を奪っていると5月25日付オブセルヴァトリオ・ド・テルセイロ・セトル・サイト、同28日付エスタード・デ・ミナス紙サイトなどが報じた。この農薬は国内で使われる除草剤の62%を占め、2016年の販売量は他の除草剤七 […]
  • 《ブラジル》家屋販売が新記録を更新=新築物件の提供数は減少2021年5月27日 《ブラジル》家屋販売が新記録を更新=新築物件の提供数は減少  ブラジル国内の家屋販売は順調で、販売数は新記録を更新しているが、新築物件の提供数は減っていると24日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  建設業界のブラジル商工会議所(CBIC)が24日に発表したところによると、州都20市を含む全国150市での第1四半期(1~3 […]
  • 《ブラジル》負債抱える貧困者再び増加=緊急支援金減額や失業響く=経済活動が安定する時期は?2021年5月5日 《ブラジル》負債抱える貧困者再び増加=緊急支援金減額や失業響く=経済活動が安定する時期は?  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が4日、緊急支援金の支給額や受給者の減少と労働市場の状況悪化で、低所得で負債を抱えている人が急増と発表したと4日付現地サイトが報じた。  FGVによると、ここ数カ月間は全階層で負債を抱えている人が増えたが、低所得者ほど増加が著しい […]
  • 《ブラジル》建築業界の信頼感指数低下=昨年7月以降最低レベルに2021年4月29日 《ブラジル》建築業界の信頼感指数低下=昨年7月以降最低レベルに  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が27日、4月の建設業界の信頼感指数(ICST)は前月より3・8ポイント低下し、85ポイントとなったと発表した。  ICSTの低下は4カ月連続で、昨年7月以降で最低レベルとなった。ICSTは0~200で表され、100を切っている場 […]
  • 《ブラジル》緊急支援金減額で貧困者増加=極貧者も1930万人に2021年4月27日 《ブラジル》緊急支援金減額で貧困者増加=極貧者も1930万人に  サンパウロ総合大学不平等に関するマクロ経済調査センター(Made―USP)が22日、新型コロナ対策としての緊急支援金が減額された上、受給者も一家で1人になったため、貧困者が6100万人、極貧レベルの人も1930万人に増えたと発表した。  同センターでは世界銀行の基準 […]