ホーム | コラム | 樹海 | 歌と人生、世代交代

歌と人生、世代交代

 21日付ジョルナル・ニッパク(弊紙ポルトガル語版)に、16~17日に開かれた第25回サンパウロ州選抜カラオケ大会(通称パウリスタン)の記事が掲載された。4頁は弊紙記者の記事で開会式などが中心、12頁は外部からの特別寄稿で、2日目のグランプリなどが中心になっている▼記者やテーマが違うと筆の運び方も違うと思いながら読む中、グランプリを受賞した平田信弘氏の「パウリスタンでは勝利と敗北を繰り返してきたが、それによって人生の壁を乗り越える術を学んだ」との言葉に目が留まった。その後には「グランプリ受賞は他のものに換え難い経験。遅まきながら、同賞を受けた人が教え始めたら、この感動を味わうチャンスは他の人に譲るべきだと気づいた。今回を最後の大会とし、順位には関係なく、最善のプレゼンテーションをと考えていた」とも続いていた▼20代だった1998年を皮切りに、2005年、15年、19年と4度も栄冠に輝くのは容易な事ではない。今回のグランプリ受賞はその努力と力量を示す。しかし、後進を育てる側に回り、別の人に優勝の喜びを経験してもらいたいとの弁は、教師と生徒が同じ舞台で競い合う事へのわだかまりも小さくしてくれた▼若い頃からの努力や才能が認められて教師となった人には、模範としての歌を披露する場もあって然るべきだし、弟子が師を超える事は素晴らしい。だが、華のある内に引退する潔さや後進育成の大切さを思う時、教師と生徒が同じ舞台で競う事への違和感を禁じえなかったのだ。節目の25回大会で花道を飾った平田氏。彼が育てた生徒が人としても成長し、歌に励む姿を見る日も近い事だろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ2019年8月1日 ジャーナリズムは事実の奴隷でなければ  キャリア50年以上のジャーナリスト、アレッシャンドレ・ガルシア氏が、「ジャーナリズムは事実の奴隷でなければならない」と語り、我々の視点や倫理観というフィルターを避ける事は不可能だが、自分が信じる事実を曲げてはならないと説いた▼弊紙でも、題材の選び方や表現方法に記者の関心や問題 […]
  • さくらホームの雪割桜に込められた郷愁2019年7月30日 さくらホームの雪割桜に込められた郷愁  「有名な観光地カンポスの名所の一つとして、桜祭りの時だけでなく、お客さんが年中訪れて入場料収入を落としてくれ、少しでも老人ホームの運営が楽になるようにしたい」―27日、聖州カンポス・ド・ジョルドン市のさくらホームで桜祭りを取材した際、サンパウロ日伯援護協会(以下、援協 […]
  • 今も続く行方不明者の家族の心痛2019年7月25日 今も続く行方不明者の家族の心痛  ミナス州ブルマジーニョでの鉱滓ダム決壊事故から6カ月。248人の死亡が確認されたが、22人は今も行方不明。現場では今も遺体捜索活動が続いている▼当事者や周囲の人がトラウマに陥る事は、どんな小さな出来事でも起こり得る。寝ている間に母親が買い物に出てしまい、目覚めた子供が這い回っ […]
  • ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民2019年7月24日 ブラジル五輪名選手として殿堂入りした戦後移民  「東京五輪(1964年)の日本代表に入りたくて練習を積んできたのに、三次予選で岡野功に負けた。本当に悔しかった。それで一端は柔道を諦めて、ブラジルでファゼンデイロ(大農場主)になろうと思って、早稲田大学の卒業式の翌日、移民船に乗ってやってきた」―五輪名選手殿堂入りが決 […]