ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報■須藤忠志さん

■訃報■須藤忠志さん

 元汎アマゾニア日伯協会副会長の須藤忠志さんが、7日にアマゾニア病院で亡くなった。死因は心不全。享年86歳。
 須藤さんは1932年12月4日に福島県川根軍郡で生まれ、1954年に家族5人にロンドニア州のトレーゼ・デ・セッテンブロ植民地に入植した「グァポレ移民」だ。
 1957年に妻の実家であるベレンに移転後、辻合名会社を経て三井物産の現地法人三井アリメントスに入社、取締役を務めた。また、元アマゾニア日伯援護協会で専任理事も務め日系社会で活躍した。
 1月15日から体調が悪くなり、数日前から集中治療室で治療を行っていた。
 須藤さんの葬儀は8日午前中にベレン市の葬儀場のマックス・ドミニで執り行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 百歳以上の高齢者表彰=総領事館が連絡呼びかけ2020年3月14日 百歳以上の高齢者表彰=総領事館が連絡呼びかけ  在サンパウロ総領事館(野口泰総領事)は、2020年度(令和2年)の百歳以上の高齢者表彰の該当者を募っている。締め切りは4月9日まで。  例年、敬老の日を記念し、百歳以上の邦人高齢者に対して、内閣総理大臣から祝状と記念品が贈呈される。  対象は1920年(大正9年)4月1日 […]
  • 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察2020年3月6日 人文研=10年ぶりに紀要を発刊=高知移民、満州引揚者ら考察  サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)は、10年ぶりとなる紀要第8号『人文研』(178頁)を昨年11月に発行した。人文研関係者や公募により寄せられた論文・研究ノートが掲載されている。若手研究員らが調査成果を定期的に発表していくことの重要性を訴え、再刊行の運びとなった。 […]
  • サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため2020年3月13日 サンパウロ市=伊藤忠商事オフィス閉鎖措置=社員、新型肺炎感染のため  今月11日、伊藤忠商事は同社ブラジル駐在員のコロナウイルス罹患確認後、聖市オフィスを閉鎖していると発表した。  罹患が確認された男性社員は2月23日から29日までの間、休暇を利用し福岡県に滞在していた。3月1日にサンパウロに戻ってからは、会社規定に従い、常時マスクで勤務し一 […]
  • 村田製作所向けに特別な取り組み=デカセギのビザ代、渡航費負担2020年1月11日 村田製作所向けに特別な取り組み=デカセギのビザ代、渡航費負担  電子部品などを製造する日本の株式会社「村田製作所」(代表取締役会長兼社長=村田恒夫、本社=京都府)に派遣する人材を集めるために、関連派遣会社が昨年12月からデカセギの訪日渡航費と入国査証(ビザ)取得にかかる費用を負担している。  勤務地や労働条件など詳細については、人材派遣 […]
  • コロナウイルス=日本からの来伯者も要注意!=発熱や咳あれば擬似症者扱い2020年2月27日 コロナウイルス=日本からの来伯者も要注意!=発熱や咳あれば擬似症者扱い  ブラジル保健省は21日付で、入国の際に発熱及び呼吸器系の異常等の症状があり、その発症から14日間以内に中国や日本等の特定の国への渡航歴がある者を、「新型コロナウイルス感染の擬似症者」として扱うと発表した。  中国以外の対象となる国は、日本、シンガポール、韓国、北朝鮮、タイ、 […]