ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》オラーヴォ氏が教え子に政権撤退呼びかける=ボルソナロ一家が心酔する思想家

《ブラジル》オラーヴォ氏が教え子に政権撤退呼びかける=ボルソナロ一家が心酔する思想家

 【既報関連】リカルド・ヴェレス・ロドリゲス教育相が、全国の学校に国家斉唱とその録画送付要請を行った後、ボルソナロ一家に強い影響を与えている右翼思想家で、教育省関連の役職者らを多数指名したオラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が教育相や軍出身の閣僚らを批判したことで、ボルソナロ政権が、オラーヴォ氏と関係のある官僚(役職者)を職務から外そうとし始めた。

 ボルソナロ政権は、軍関係者を中心とする形式や祭典を重視するグループと、オラーヴォ氏やボルソナロ大統領の息子たちの影響を強く受けたイデオロギー重視のグループを中心に形成されているが、ボルソナロ大統領は政権発足からの2カ月余り、二つのグループの間の摩擦緩和に相当なエネルギーを割いてきた。

 今回始まった教育省内の人事異動は、イデオロギー重視のグループを遠ざけ、二つのグループの間の軋轢を軽減することを念頭においている。

 だが、これを知ったオラーヴォ氏はボルソナロ政権を批判し、8日未明に流したインターネット上のコメントで、同政権で役職を得た教え子たちに辞職を要求。

 フェイスブックに掲載した動画では、ボルソナロ政権が「腰抜けな軍人たちの力を借りて、マスコミを喜ばそうとする、民主社会党のような政権になりさがろうとしている」と批判した。また、「ボルソナロ政権は、大統領にとってもブラジル国民にとっても「敵」と言うべき人物ばかりだ」と述べている。

 同氏は自身の教え子たちに関して、「私の教え子が閣僚に多く入るということには反対だった。だが、彼らの多くがボルソナロ氏の台頭に熱狂し、世の中が良くなると信じていたから大目にみていた」と語っている。

 オラーヴォ氏は大統領本人のみならず、三男のエドゥアルド下議などに思想的に強い影響力を与えている教祖的存在として知られている。

 ボルソナロ大統領は10日、プログラム実践局のディレクターでオラーヴォ氏の教え子のリカルド・ロケッティ氏を解任するよう、ロドリゲス教育相に求めた。これまでに解任されたオラーヴォ氏の教え子の中には、教育相の秘書室長で、教育相に最も近いとされていたチアゴ・トンジネッリ氏や、国立教育促進基金の秘書室長だったアンドレ・モネ氏などが含まれている。

 実は、ロドリゲス教育相自身もオラーヴォ氏の指名で大臣に就任しており、教育省内には、教育相も閣外に出るのではとの懸念が広がり始めているという(9日付エスタード紙、9~11日付フォーリャ紙などより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]