ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州スザノ市=17歳少年正式に収容へ=学校襲撃計画立案に関与?

サンパウロ州スザノ市=17歳少年正式に収容へ=学校襲撃計画立案に関与?

 サンパウロ州スザノ市で3月13日に発生した州立校襲撃事件に関し、計画立案に参加した疑いで少年院に一時収容されていた17歳の少年に、正式な収容命令が出ていた事が明らかになったと8日付現地紙が報じた。
 学校襲撃事件は、17歳のG.T.M.と25歳のルイス・エンリケ・デ・カストロの2人が、38口径の銃や弓矢、小型の斧を持って校内に侵入して起こした。防犯カメラの映像には、銃乱射の場面や、撃たれた教師や逃げ惑う生徒に斧をふるう姿も残っている。
 G.T.M.は事件直前におじも襲っており、教師や生徒、おじ、彼ら2人の計10人が死亡。中・短期の入院が必要な負傷者も出た上、ショックが大き過ぎて復学が困難な生徒もいる。
 警察は事件後、事件の数日前にG.T.M.と共に射撃訓練場に赴いた17歳の少年を計画立案に参加した疑いで告発。少年は3月19日から、45日間の期限付で少年院に収容されていたが、今月3日に無期限収容に切り替えられた。
 この少年は襲撃そのものには参加していないが、ラウル・ブラジル校の元生徒で、別の学校での授業中、「同校で銃を乱射するのが夢」などと語っていたという。
 少年が学校襲撃計画を立てたのは14~5歳の頃とされ、実際の事件は少年が描いていたものと酷似していた。少年は事件直後、G.T.M.に「なんてこった。少年2人が学校で銃を乱射して自殺した」とのメッセージを送ったが、返事がなく、「T?」と再信後、送信を止めている。
 警察や検察は、携帯電話でのやり取りや、射撃訓練に行った事などは少年が関与していた証拠だというが、少年の弁護士は「携帯電話の送信記録は少年が無実である事を示す」と反論していた。
 同件では、4月10日にG.T.M.への銃売却仲介と銃弾売却の疑いでクリスチアノ・カルジアス・デ・ソウザ容疑者(通称カベーロ)が逮捕され、11日にはさらに2人の容疑者が一時逮捕された。内1人は証拠不十分で釈放されたが、ジェラウド・オリヴェイラ・ドス・サントス容疑者は今月2日に正式逮捕となった。
 今月6日には、カベーロに銃弾を売ったとされるマルシオ・ジェルマノ・マッソン容疑者(通称アレマン、33)も逮捕されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄2021年6月22日 【日本移民の日2021年】歓喜を味わい、過去を振り返る時=ブラジル都道府県人会連合会 会長 市川利雄  ブラジル日本移民113周年記念は歓喜を味わい、過去を振り返る時ではないでしょうか! 「歓喜を味わうとは」――日本移民の経済、農業、園芸、果実、セラード開発、料理、各分野で活躍する有能な人材、さらに、その歴史の継承などはブラジル社会に認められ、高く評価されています。 「振り […]
  • 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2021年6月19日 【日本移民の日2021年】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  6月18日「日本移民の日」を迎えるにあたり、皆様にご挨拶を申し上げます。1908年に笠戸丸がサントス港に到着してから今年で113年となります。  昨年8月に着任した私にとっては今回が初めての移民の日となります。先日、サンパウロにあるブラジル日本移民史料館を訪問し、レ […]
  • 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七2021年6月19日 【日本移民の日2021年】日本移民113周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 税田 パウロ 清七  1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して113年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は200万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績に対し、深甚なる感謝の念と敬意を […]