ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ボルソナロ大統領は今日24日にニューヨークでの国連総会でスピーチを行う。大統領に就任してから最大の国際的舞台で、ただでさえ緊張するところに加えて、8月以降、アマゾンの森林火災で国際的に批判を受けた後だけに、大統領自身も「失敗は許されない」とし、今回の演説がかなりのプレッシャーであることを事前に認めた。奇しくも、22日には、日本の小泉進次郎環境大臣が国連での会合を前にした記者会見で、「気候変動問題はセクシーに行いたい」と仰天発言して、世界中のメディアの話題を呼んだ。これで「発言が問題視されるのは自分だけではない」と、大統領は気を楽にすることができるか。
     ◎
 23日をもって、ブラジルは正式に春に移行した。23日付アゴラ紙によると、今年の春は暑く、雨は「よく降るところと、そうでないところに分かれる」というが、平年よりは雨が降らなさそうだという。雨が激しく降るのは夏にさしかかる12月の初旬頃になる見込みだ。23日現在のカンタレイラ水系の水位は48・1%。昨年同日の34・4%や、水危機の起きた2013年同日の42・0%より状態は良いが、水の心配がないことを祈りたい。
     ◎
 サッカーの全国選手権は23日で第20節を終了。サンパウロ州勢はリベルタドーレス杯進出圏内(6位以内)に全て入る健闘ぶりだが、首位フラメンゴには、2位パルメイラスが勝ち点で3点差、3位サントスが5点差、5位コリンチャンス、6位サンパウロが7点差をつけられている状況。優勝を諦めないなら、これ以上離されたくない状況だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年10月5日 東西南北  3日、パリの市議会がルーラ元大統領を名誉市民にすることを承認した。同市議会はルーラ氏を、「ブラジルにおける社会的かつ経済的な不平等を減らすことに貢献した」という名目で推薦しており、それが認められた。同市のアンヌ・イダルゴ市長も、「3千万人にも及ぶブラジル国民を極貧から救った」 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 東西南北2020年8月26日 東西南北  25日午前、ツイッター上では「マジュ・メンチローザ」のハッシュタグが大量に上がった。それは、グローボ局の昼ニュース「ジョルナル・オージ」で「ブラジルで11万7千人が亡くなっているときにボルソナロ大統領は『コロナに勝ったブラジル』というイベントに参加していた」と報じたことをボル […]
  • 東西南北2020年8月15日 東西南北  ダッタフォーリャの最新の世論調査が発表され、ボルソナロ政権への支持率が37%に上がり、不支持率が46%から34%に下がった。前回の調査は6月20日だったが、その間に何があったかと言えば、大統領自身のコロナウイルス感染による隔離が2週間ほどあったこと。それに加えて、罷免を恐れて […]