ホーム | ブラジル国内ニュース | フラメンゴ=優勝回数は6回? 7回?=1987年の分裂開催問題が再燃

フラメンゴ=優勝回数は6回? 7回?=1987年の分裂開催問題が再燃

リベルタ杯優勝の翌日にリオでパレードをするフラメンゴの選手たち(Tania Rego/Agencia Brasil)

 神様ジーコの古巣フラメンゴは23日、アルゼンチンのリーベル・プレートを相手に劇的な逆転勝利を飾り、リベルタドーレス杯を制覇した。
 フラメンゴはそのわずか1日後、リベルタ杯の優勝を祝っている間に、国内リーグ全国選手権で優勝を争っていたライバルのパルメイラスが負けたことで、全国選手権も制覇した。
 同じシーズンでリベルタ杯も全国選手権も同時に制覇の偉業は、ペレがいた1963年のサントス以来と、大きく賞賛されたが、今度は、フラメンゴの全国選手権優勝回数は通算7回目なのか、通算6回目なのかという議論が起こっている。
 フラメンゴが優勝とカウントしている1987年は、実は二つの全国選手権が別々に行われた年だった。
 同年は、ブラジルサッカー連盟(CBF)と全国選手権の運営方針をめぐって対立した13チームが、コパ・ウニオンという大会を創設。これにより、その大会で優勝したフラメンゴとCBF主催のブラジル全国選手権で優勝したエスポルチとが、同年のチャンピオンとして並び立つ結果になってしまったのだ。
 フラメンゴが全国選手権で優勝するたびに、「いったい何回目?」の論争が巻き起こるが、CBFは、「87年の王者はエスポルチだけの立場」から、フラメンゴは6回目の優勝とアナウンスしている。
 CBFは、「法廷では『1987年の王者はエスポルチ』との判断がでているが、競技力の観点(名門チーム、実力の高いビッグチームは全てコパ・ウニオンに参加した)から、フラメンゴが王者と言えなくもない。よって、フラメンゴは“7回王者と呼ばれるにふさわしい、6回王者”」と話をややこしくするメッセージを出してしまった。(26日付ESPNサイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる2019年12月19日 《南米サッカー》2022年カタールW杯の予選対戦順が決定=リベルタ杯の組み分けも決まる  来年3月から始まるカタールW杯南米地区予選の対戦順と、クラブチーム南米王者の座を争う、来年のリベルタドーレス杯の組み合わせの抽選が17日に行われた。  2022年にカタールで行われるW杯の南米出場枠は4・5で、南米サッカー連盟加盟10カ国がホーム・アンド・アウェー方 […]
  • 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ2019年11月20日 《ブラジルサッカー》違約金は既に最高96億円?=U17W杯の優勝立役者のブラジルトリオ  ブラジルの通算4回目の優勝で幕を閉じたU17W杯。優勝に貢献した3選手、チーム得点王のカイオ・ジョルジ(サントスFC)、準決勝、決勝で決勝ゴールを決めたラザロ(フラメンゴ)、大会MVPガブリエル・ヴェロン(パルメイラス)の3人には、既に最低60億円の違約金が設定されて […]
  • 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す2019年9月17日 《ブラジルサッカー》リーグ戦折り返しで首位はフラメンゴ=サントスとの首位決戦を制す  14、15日にかけてサッカーブラジル全国選手権1部リーグ第19節の10試合が行われた。  全38節の折り返しとなる第19節で、もっとも注目されたのは1位フラメンゴと、2位サントスFCの直接対決だ。  マラカナン競技場に6万8千人を超える大観衆を集めたこの試合は、フ […]
  • リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?2019年5月16日 リベルタドーレス杯=決勝トーナメントの組み合わせ決まる=ブラジルのチームの動向は?  13日夜、サッカーの南米一を決めるリベルタドーレス杯決勝トーナメントの抽選会が行われ、グループリーグを勝ち抜いた16チームの対戦相手が決まった。  トーナメントの山を2つに分け、それぞれ組みあわせを紹介していく。  クルゼイロ(ブラジル)対リーヴェルプレイト(アルゼンチン […]