ホーム | ブラジル国内ニュース | フラメンゴ=優勝回数は6回? 7回?=1987年の分裂開催問題が再燃

フラメンゴ=優勝回数は6回? 7回?=1987年の分裂開催問題が再燃

リベルタ杯優勝の翌日にリオでパレードをするフラメンゴの選手たち(Tania Rego/Agencia Brasil)

 神様ジーコの古巣フラメンゴは23日、アルゼンチンのリーベル・プレートを相手に劇的な逆転勝利を飾り、リベルタドーレス杯を制覇した。
 フラメンゴはそのわずか1日後、リベルタ杯の優勝を祝っている間に、国内リーグ全国選手権で優勝を争っていたライバルのパルメイラスが負けたことで、全国選手権も制覇した。
 同じシーズンでリベルタ杯も全国選手権も同時に制覇の偉業は、ペレがいた1963年のサントス以来と、大きく賞賛されたが、今度は、フラメンゴの全国選手権優勝回数は通算7回目なのか、通算6回目なのかという議論が起こっている。
 フラメンゴが優勝とカウントしている1987年は、実は二つの全国選手権が別々に行われた年だった。
 同年は、ブラジルサッカー連盟(CBF)と全国選手権の運営方針をめぐって対立した13チームが、コパ・ウニオンという大会を創設。これにより、その大会で優勝したフラメンゴとCBF主催のブラジル全国選手権で優勝したエスポルチとが、同年のチャンピオンとして並び立つ結果になってしまったのだ。
 フラメンゴが全国選手権で優勝するたびに、「いったい何回目?」の論争が巻き起こるが、CBFは、「87年の王者はエスポルチだけの立場」から、フラメンゴは6回目の優勝とアナウンスしている。
 CBFは、「法廷では『1987年の王者はエスポルチ』との判断がでているが、競技力の観点(名門チーム、実力の高いビッグチームは全てコパ・ウニオンに参加した)から、フラメンゴが王者と言えなくもない。よって、フラメンゴは“7回王者と呼ばれるにふさわしい、6回王者”」と話をややこしくするメッセージを出してしまった。(26日付ESPNサイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオデジャネイロ市》兵士たちが市民の車を強盗と誤認、80発の銃弾打ち込む2019年4月10日 《リオデジャネイロ市》兵士たちが市民の車を強盗と誤認、80発の銃弾打ち込む  リオ市北部グアダルーペで7日午後、陸軍兵士たちが犯罪者の車と誤認し、一般市民が乗る乗用車に80発以上の銃撃を浴びせ、運転していた音楽家のエヴァウド・ローザ・ドス・サントスさんが死亡、義父のセルジオ・アラウージョさんら2人も負傷する事件が発生。翌8日には10人の兵士が逮 […]
  • コパ・アメリカ組織委が前半総括の記者会見を開催=「入場者は少なくない」と強調2019年6月27日 コパ・アメリカ組織委が前半総括の記者会見を開催=「入場者は少なくない」と強調  サッカーの南米選手権(コパ・アメリカ)組織委員会は25日、リオのマラカナン競技場で大会前半を総括する記者会見を開き、1次リーグ全18試合の平均入場者数は2万9379人だったと発表した。25、26日付現地紙・サイトが報じている。  組織委員会総務のチアゴ・ジャンヌッツ […]
  • フラメンゴ=消防法基準満たさぬ宿泊所=空調機器から出火、10人死亡=簡易コンテナで窓に鉄枠2019年2月12日 フラメンゴ=消防法基準満たさぬ宿泊所=空調機器から出火、10人死亡=簡易コンテナで窓に鉄枠  8日未明にリオ西部バルゼン・グランデ区にあるサッカークラブ「フラメンゴ」のトレーニング・センター通称「ニーニョ・ド・ウルブ(コンドルの巣の意)」の少年用宿泊施設で起こった火災で、プロ予備軍の10人(14~17歳)が死んだ件に関して詳報が続々と出てきている。フラメンコ側 […]
  • リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因2018年12月22日 リオ・デ・ジャネイロ=市南部の湖で魚が大量死=水質汚染と暑さが原因  リオ市南部のロドリゴ・デ・フレイタス湖で20日の朝、無数の魚が死んで水面に漂うショッキングな光景が報道され、翌21日の朝までに21・8トンもの魚の死体が引き上げられた。  生物学者のマリオ・モスカテッリ氏は、「周辺から浄化処理がされていない水が流れ込み、湖の水の有機 […]
  • 15州で犯罪組織一斉摘発=6組織266人に逮捕令状2018年12月5日 15州で犯罪組織一斉摘発=6組織266人に逮捕令状  検察庁の国家組織犯罪対策班(Gncoc)が4日、連邦直轄区と14州で、六つの主たる犯罪組織を一斉に摘発する作戦を敢行したと同日付現地紙サイトが報じた。  2002年創設のGncocによる大型作戦は、連邦直轄区とサンパウロ、アクレ、アラゴアス、エスピリトサント、ゴイア […]