ホーム | 日系社会ニュース | 聖市カーニバル=駐在員や日系ダンサー続々=サンバ教室やツアー団体参加も

聖市カーニバル=駐在員や日系ダンサー続々=サンバ教室やツアー団体参加も

「X―9」の最後の山車で熱唱する葛西さん

「X―9」の最後の山車で熱唱する葛西さん

 今月1、2両日に行われたエスペシャル・グループによる聖市のカーニバル。今年も、日本から参加するサンバ愛好家、「X―9パウリスターナ」に約50人の生徒と共に参加したサンバ講師の葛西ジョエさんや、「アカデミコス・ド・ツクルビー」に出場したトレンディツーリズモ(関根いつ子社長)のツアー参加者20人など、多くの駐在員や日系人が出場。14チームのうち、見事初優勝を飾ったのは「マンシャ・ベルジ」だった。

 「アギア・デ・オウロ」に出た矢玉奈津実さん(福岡県)=千葉在住=は、このために日本からやってきて毎年1ヵ月半をブラジルで過ごす熱烈なサンバ愛好家だ。
 今年で5回目の参加。日本でもサンバをしており、縁があって同チームに参加している。「毎年『今年が最後』と言い聞かせつつ、他では味わえない感動に病みつきになっている」という。出場後、本紙の取材に対し「アギアはいつも温かく歓迎してくれる。今終わってしまってとても寂しい」と名残惜しそうに呟いた。
 同じくアギア・デ・オウロに参加した三世の駒米和田まゆみ・クラウディアさんは、今年で二度目の参加だ。「多くの日系人はカーニバルに偏見を持っているが、パレードはただのお祭り騒ぎではなく、魅力的で真面目なショーだと思う」と持論を展開。「とても楽しくて、感動する経験だった!」と声を弾ませた。
 聖市のカーニバル歴4年目の加藤勲さんは、打楽器隊員として4チームに出場したという。今年は「サンバを通じてアミザージ(友情)を感じた」と語り、手応えを感じたという。帰国後は東京でサンバの講演会を行う予定で、「日本の人たちにも本場のサンバについて伝えていきたい」と熱く語った。
 生徒と共に参加した葛西さんは、伯国在住11年目。サンパウロだけでなくリオのカーニバルにもパシスタとして出場したことがあり、毎年多くの生徒と共にカーニバルに参加している。今年も本番を終え、晴れ晴れとした様子で「今年も生徒と一緒に楽しく参加できました」と笑顔を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人2019年2月12日 《ブラジル》カーニバル、今年の“顔”は?=「TVはネタの宝庫」とお面職人  暦の上では、今年のカーニバルは3月5日。サンパウロ市では3月1日からサンバチームのスペシャルグループのパレードが始まる。中小規模のブロッコが街を練り歩く、道のカーニバルはすでに盛り上がり始める中、恒例の有名人、話題の人物のお面が売られ、好評を博している様子や、主要エス […]
  • 惨事や人ごみを悪用する輩達2019年3月7日 惨事や人ごみを悪用する輩達  サンパウロ市やリオ市でのスペシャルグループのサンバパレードは終わっても、ブロッコと呼ばれる集団による路上でのパレードはまだまだ続く▼「灰の水曜日」の6日にサルバドールで「アラスタン」と聞いた時、一瞬、根こそぎ強盗発生かと思ってしまったのは、ブロッコに参加した人達が軒並 […]
  • ■ひとマチ点描■日本のブロッコ、リオで演奏2019年3月23日 ■ひとマチ点描■日本のブロッコ、リオで演奏 今月3日にリオのカーニバルのブロッコに参加した日本の「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)から「無事に帰国した」というメールが届いた。  広報の大木淳嗣氏によれば、当日は直前に演奏場所の変更があったが、約60人が出演したQSVPC […]
  • 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別2019年3月7日 《ブラジル》殺人で指名手配中の男を逮捕=女装でパレード中、機械が判別  バイア州サルバドール市で5日、女装してカーニバルのパレードに参加していた殺人容疑者が逮捕された。  逮捕されたマルコス・ヴィニシウス・デ・ジェズス・ネリ容疑者は、マルキラナスと呼ばれるトラヴェスチ(女装男性)のブロッコ(サンバ集団)に参加していたが、バラ・オンジナと […]
  • 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で2019年2月28日 2年連続でリオに出場!=日本のサンバチーム、路上で  昨年日本人で初めてリオのカーニバルの公式プログラムに参加した、東京都を拠点に活動するサンバチーム「ケール・スウィンガール・ヴェン・プラ・カ」(以下QSVPC、宮澤摩周代表)。今年も3月3日午前11時から、リオ市ヴィラ・イザベル区のバラォン・デ・ドゥルモンド広場で路上パ […]